健康維持の基本は正しいブラッシング -若々しい歯茎-

健康維持の基本は正しいブラッシング -若々しい歯茎-

 

 

年齢のせいと諦めていた歯と歯茎

 

ピンク色の若々しい歯茎は、健康的で、笑った時とても高印象を与え、清潔感を感じます。美しい歯茎を見ると、若々しい歯茎を持っていた年齢に戻りたいものだなと感じます。ある時、一人の歯科衛生士さんが私のその願いをかなえてくれたことを今回紹介したいと思います。

 

虫歯になった時や、一年に1回程度歯の状態を確認するため、歯医者さんへ行くと、虫歯の治療とともに、希望すると歯茎の状態を確認し歯周病にならないようにする治療をしてくれます。最近では、虫歯になってからの対処療法に限定せず、虫歯と歯周病の予防をして長く自分の歯を維持する予防を重視しています。対処と予防の両方を行うことにより、患者の裾野を拡大する効果もあるようです。

歯茎の状態を見てもらうと、充血していたり、歯茎が腫れていると言われて、薬を塗ってもらったりするものの、年齢のせいでこの傾向は変えられないとどこか諦めているところがありました。

歯を磨いても弱ってくる歯茎は仕方がないもので、口腔衛生へのモチベーションは高くなりませんでした。

 

 

歯科衛生士さんの言葉

 

ある歯医者さんに行った時、歯の磨き方もやってみましょうといつの間にかなってしまい、歯ブラシと鏡を持たされてブラッシングを学ぶことになりました。

何故やってみようかと思ったのかというと、歯医者さんと歯科衛生士さんが笑うとピンク色で若々しい健康的な歯茎がとても高印象で、思わずとても奇麗な若々しい歯茎ですねというと、「あなたもピンク色の元気な歯茎になれますよ」と返ってきて、「本当に私でもなりますか」と聞くと「勿論です。早速やりましょう」と歯ブラシと鏡を持たされました。

歯を磨くというよりは、一本一本歯を力を入れず柔らかく細かい歯ブラシの動きで歯と歯茎を撫でるという感じで丁寧に撫で上げていきます。

特に、歯と歯との間と歯と歯茎の間を重視して磨きます。歯ブラシをスプーンを持つような感じで軽く握ったり、鉛筆を持つようにしたり歯の場所により持ち方を変えてブラッシングをしていきます。

毎日一回は10分以上テレビでも見ながら磨いて下さい。ブラッシングが大切で歯磨き粉は少し付ける程度で大丈夫で、頑張れば歯茎がだんだん元気になってきますよと教えてもらいました。

 

 

よく頑張りました

 

歯ブラシの握り方を柔らかく小さく振動させるように歯ブラシのブラシの部分を歯と歯の間に上手く入るようにしたり、歯と歯茎の間をマッサージするようにしながら、1ヶ月頑張りました。

歯科衛生士の人に「歯を磨いてみて下さい」と言われて、歯ブラシを持った瞬間、「上手に磨けるようになっていますね。よく頑張りました」と言われました。

「歯ブラシの持ち方で上手かそうでないかわかります」と話してくれます。

なるほど、銃を触ろうと近づく姿や銃を持った瞬間にその人のレベルがわかるガンハンドリングと同じなんだなと感じました。

なんとなくこの歳で褒められたせいか機嫌が良くなって、歯を丁寧に磨くと、「上手です。凄い」とまた褒められるとモチベーションも急上昇です。

 

褒め上手の歯科衛生士さんのおかげで毎日しっかり歯磨きを続ける習慣が身に付いてきました。

心なしか、歯茎がだんだんしまってきて、歯磨き粉と歯ブラシに少しお金をかけるようになりました。

 

 

美しい歯茎の色

 

3ヶ月後、歯科衛生士さんの点検を受けると、「よく頑張っています。歯茎の色がピンク色で明るく元気になってきました。続けて下さい。とても優秀です」と、最後にまた褒められました。

自分でも色が変化したのがよくわかります。

そして、人の歯茎の色が気になるようになりました。

綺麗な歯茎の人は、しっかりブラッシングをしているんだなと人のレベルがわかるようになります。やはりガンハンドリングにブラッシングは似ているなと思います。

 

歯科衛生士さんは続けて、「口の中には沢山の雑菌が存在するため、歯の隙間や歯と歯茎の間で増殖する雑菌をブラッシングにより大幅に減少することができます。ブラッシングを正しくおこなうことにより多くの病気も予防できます。最近あまり病気にならなくなりませんか」と聞かれ、その通り風邪をひかなくなったり、のどが腫れなくなりました。

 

皆さん、これを機会に、褒め上手な歯科衛生士さんから若々しいピンク色の歯茎を作るブラッシングを学んでみては如何ですか。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
戦闘能力の維持と口腔衛生、病気をしない若々しい身体作りと歯磨き
 
ロングブレスによる腹筋の強化 -腹周りが若返る-
 
サプリメントの効果・効能はあるか
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 究極の体質改善『パレオダイエットの教科書』-狩猟採集民族に学べ- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です