強さの追求 -どうすれば強くなれるのか-

強さの追求 -どうすれば強くなれるのか-

 

 

強くなる事を考える

 

戦闘に強い部隊と隊員を育成するにはどのようにすればいいか、何時も考え、厳しい現場・戦場で活動する隊員が「生き残って任務を達成して帰ってくる」戦闘技術を身に付ける方法を探していました。

強くなるには、強い相手と厳しい凌ぎ合いの戦いや訓練をすることが必要であり、強い相手を捜しつつ、強い精神と高い戦闘能力保有するための訓練を日々を続けました。

捜し続けていると、連戦無敗の冨士トレーニングセンター(FTC)の対抗部隊が恐ろしく強いことを知り、打倒FTCを目指し更なる精神の鍛練、高い身体能力のためのトレーニング、火力を中心としたチーム戦闘能力や個人戦闘能力の向上のため、実戦的な訓練を皆で考えたり、インストラクターから多くのことを学び、厳しい訓練をすすめていきました。

 

 

若者、男達の強さへの純粋な思い

 

この時、隊員は強くなるために必要なことは労をとわず頑張り、できるまで反復演練を自ら行い、そして、とても純粋な心の持ち主であることを知りました。ひたむきに努力する若者と毎日過ごしていくうちに、強さを身に付け、精神的にも日々成長していく隊員の素晴しい変化に触れているうちに、ひたむきに純粋に頑張る隊員が心から好きになっていきました。この隊員の熱く純粋な思いを強さに変えなければならない、強くしなければならないと次第に思いが強くなっていきました。

 

 

強くなるための合言葉

 

訓練とともに、皆の意識と努力のベクトルを一致させるためのスローガンが必要と考え、考えついた言葉が、「誰が強いのか、どうすれば強くなれるのか」、「40連隊に戦闘技術の負けはない」という合言葉です。

このスローガンを掲げ全員で強さを追求する教育訓練が始まります。futamiryu(著者)の教育訓練では、強さの追求と強さを支える心の持ち方や人の育て方について紹介しています。

「教育訓練」のカテゴリーの記事を参考にして強い組織・個人を育成して下さい。

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめり込む姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 自衛官の再就職をスムーズに行うポイント – 階級章という自己を守るための鎧を外す – | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 現状の訓練に満足していない隊員を如何に強くしていくか | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です