危険な災害現場で自衛隊が損害を出さない理由

危険な災害現場で自衛隊が損害を出さない理由

 

 

厳しい状況で活動する隊員達

 

自衛隊の災害派遣は、30年前と今では大きく変化をしています。国民・地域の人の期待度の増加と3.11(東日本大震災)における活動への高い評価、そして、自衛隊が色々な災害派遣を経験するたびに、より早く、より実効性ある行動が求められるようになってきました。何故、危険な場所へ迅速に多数の隊員を送りこんで、日夜活動を続けながらも、二次災害による被害を回避し、安全を確保して行動できるかは、普段から厳しい状況においても確実に任務を達成するための教育訓練を積み上げているからです。

 

 

危険見積もりと徹底した出動準備

 

厳しく危険な地域で行動する場合、まず、現地の気象の影響や山地・海辺・水の確保場所の状況と現地の危険見積もりを具体的に実施し、対応に必要な装備を準備し、活動に適する隊員を選考します。危険度の高いところは、現地の最新情報をとるための偵察部隊をヘリコプターを利用して送り込み、最新の状況を偵察して本隊の投入場所や行動の最終確認をします。

危険に対応できない場所は、立ち入りを禁止したり、迂回をします。危険に対応できないところには安易に踏み込みません。

 

 

周到な計画の作成

 

事前の情報の収集と予想される危険の分析に基づいて、必要な装備を迅速に集め、隊員に配布するとともに、普段使わない装備は現地に行くまでの短い時間の中使用要領をできるまで練習します。災害派遣計画は、危な地域見積もりに基づき主力の災害派遣行動計画が作成されます。災害派遣計画には、降雨がひどくなり更なる土砂災害が多数発生する場合や更に大きい地震が来た時の対応等、状況が予想以上に悪化した場合の危険に応じた緊急対処計画も作成し、装備や必要資材を準備します。

 

 

現地を想定した予行の実施

 

計画が作成され、どのような活動をするか任務を受領した部隊は、幹部による現地での具体的な行動計画がさらに細部まで作成され、チームリーダーを集めて、先行した隊員による部隊主力の誘導要領、現地対策本部での調整すべき内容、トラックの停車する場所、宿営地の準備等、現地の地図を使用した確認を時間が許すまで行います。

特に、危険発生場所、二次災害の防止、緊急時の退避要領を重視して詰めます。指揮官は、部隊が必要な行動を確実に実施できるかを点検しながら、不安定な事項を明らかにして安全な活動ができるように指導します。

 

 

厳しい環境で活動した隊員

 

厳しい環境の中で、災害派遣を経験した隊員、特に若い隊員は、任務を達成して帰隊時、一回り以上、二回り人間が成長し、力強い後ろ姿になっています。成長するには理由があります。彼らは毎日全能力を使って行動しているからです。

危険を知り、自分の置かれた状況を正しく認識して行動する日々の訓練が、災害派遣時における活動の基礎となっています。

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

3 Comments

  1. Pingback: パパママ世代の地震や災害発生時のリスクを改善する方法 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 氾濫した時の水はどんな汚水か知っておく必要がある | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  3. Pingback: 内水氾濫が分かると浸水する場所が分かる | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です