夢をかなえてくれるメンバーとの10年振りの再会-futamiryu小倉へ行く-

夢をかなえてくれるメンバーとの10年振りの再会-futamiryu小倉へ行く-

 

 

連隊長の夢をかなえてくれたメンバー

 

小倉駐屯地で第40普通科連隊長をしている時、いつも「どうすれば強くなれるか」を考えていました。隊員と部隊を実戦に強くなる訓練の方法を思いついて、このようにできたら部隊は強くなるだろうなと科長を始め主要な幹部や中隊長に自分の夢を語ると、「こんなイメージですか」と質問をしてきて、更に隊員を強くするためには、こんな訓練ができればいいな夢を語ると、次の日3科長(オペレーション・教育訓練担当課長)がペーパーを私のところに持ってきて「こんな感じでここと、これをもっと思いっきりやってしまいますがどうですか」と一晩で夢が企画書になって出てきます。

夢を実現するこの企画書は、更に夢の先を進むものが含まれています。「やってもいいですか」と聞くので、「断る理由はない」と感謝を込めて答えます。

連隊の幹部や陸曹が力を合わせて企画書を作り上げて、私の語った夢を現実のものにして、実現してくれます。

私の夢を実現する訓練を実施する時期が、楽しみで楽しみで早く訓練を見てみたいと毎日隊員の準備や練成している姿を見て過ごしました。

企画する幹部も訓練を実施する中隊や隊員達も自分達で作り上げる訓練を思いっきり行うのを楽しみにして訓練にまい進しています。皆が楽しみに思える訓練は、爆発的に戦闘技術が向上し、意志力、集中力が向上します。真剣な雰囲気の中、爽やかでいい汗を皆かいているのが印象的です。

 

 

連隊長官舎での毎夜の作戦会議

 

熊本から引き続き、単身赴任生活3年目に入り、小倉で北部九州を楽しもうと思っていたら、6人の中隊長の内5人が単身赴任や近くの官舎にいるので、今夜行きますと連絡が入ると、いつの間にか中隊長達や多くの幹部がやって来て「40連隊を日本一強い部隊にする」夢を語る会に連隊長官舎はなります。

週5~6日、強くなるための方法を皆でワイワイ意見を言い合い、畳の部屋でデモンストレーションをしたり、上手くいった時や失敗談に大笑いをしたりして、夢を語る会は隊員外出時間ギリギリまで、続きます。

ここで出た簡単に改善できる内容は、官舎の内線電話を使用して部隊に伝えて修正をかけてしまいます。内線電話は、陸士や陸曹から強くなる夢を聞き、すぐ実現できることがあれば指示する時によく使いました。

直ぐに改善する状況に隊員達は驚きと感動し、私の夢の実現に真剣に取り組んでくれました。皆の夢を語り、実現するのが連隊長官舎での「40連隊を日本一強い部隊にする」夢を語る会です。

 

 

あの時のメンバーが揃った夜

 

10年振りに小倉へ行くと、あるものは退職して小倉の近くで仕事をしていたり、若い中隊長や幕僚は、副連隊長や中隊長、主要幕僚になっていました。

あの時、私が夢を語ると実現してくれるメンバーとの懇親会はとても気持ちが良く、心が浄化していき、パワーがみなぎってくるものがあります。いつの間にか、懇親会は、「40連隊を日本一強い部隊にする」夢を語る会になっていて、大いに語り、大いに笑い、どうすれば強くなれるかまたやろうと心が一つになっていきました。

もうすぐ幹部になって関東で活躍しているメンバーが戻ってくるので40連隊は、新たな発展をしていくと感じました。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 小倉駐屯地を支える3000名の自衛隊協力会の温かい応援に感謝 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です