美味しく楽しい話をしながらお酒を楽しむ

美味しく楽しい話をしながらお酒を楽しむ

 

 

30代の前半に聞いた飲み方

 

民間へ企業研修をしていた30代の前半の時、企業の記念日の祝賀会食で社長と話す機会がありました。「美味しいお酒を飲むならやっぱり寿司屋で日本酒を飲むことだな。50過ぎてから特にそう思う。寿司屋で寿司を食べながら日本酒を飲むのが、妙に贅沢で身体によく豊かな気持ちになれるのでお薦めだよ」と話してくれたのが頭に残っています。

この時、日本酒は醸造酒で飲むと頭が痛くなったり悪酔いしてしまうようなものが多かったせいか、せっかく美味しい寿司を食べるならお酒なんか飲まず寿司の味を楽しむべきだ。まずい化学調味料で味付けしたような日本酒をなんで飲む必要があるのか疑問があったため、頭に残っていたのかもしれません。

 

 

仙台の気合の入った日本料理店「陽月」

 

仙台勤務のため、初めて仙台駅に降り、家内と昼食を陽月(ひづき)という日本料理店でとりました。親方と呼ばれる30代の若い料理人の作った日本料理のランチはあまりの素晴らしさに二人で思わずニコニコしてしまいました。

陽を置かず、夜のコース料理を二人で食べに行くと、分厚いカツオの刺身が出てきました。

東京で生活しているとカツオは鮮度がどうしても落ちてしまうので、そんなに美味しい魚とは思いませんし、生臭さを生姜や大葉で消すようにして食べるものだと考えがちです。この店で食べるカツオはこんなに生臭いカツオを分厚く切ってはいけないというほど厚く切った刺身を出します。

美味しいかなと思いながら、陽月で出すカツオを一口食べてみると、生臭さが全くなく脂の乗りも良く、マグロよりも美味しく感じる刺身です。鮮度がいいと、カツオはとても美味しい魚だということを仙台で初めて理解しました。イワシの焼き物も、焼きの技術が高いとこんなに美味しいのかと思います。

その料理を食べながら、東北の上手い酒「南部美人」を飲むと、料理の味が一段と良くなります。美味しい料理と美味しいお酒を飲みながらの食事は、自然に二人ともニコニコして会話も弾みます。

陽月で初めて経験したもう一つのことは、親方の料理に対する意気込みを料理から感じることです。その意気込みの心地よさは、料理への真剣に取り組む姿勢と食材選びから厳選するこだわり、旬なものを使い季節感を出したり身体に良い物を提供する気配り、渋い和食器の使用など全てから感じ取ることができます。

料理に対する意気込みの良さという美味しさを知りました。そして、日本料理を食べながら日本酒を飲むのは旨いなと知ります。

 

 

寿司屋でビールを飲む

 

真夏、寿司屋に家内と行った時、普段寿司屋では味覚を落とさないようにお酒を飲まず、お茶を飲むのが寿司を楽しむこだわりでしたが、その日はあまりに暑かったので、家内の許可を得て生ビールを頼みました。渇いた喉を潤すビールは格別です。驚いたことにそれが寿司とぴったり合い、もう一杯頼み、前の人が日本酒を楽しんでいるので、純米酒を頼むと寿司の旨さを引き立てます。

この時、社長が「寿司を食べながらの日本酒が一番旨い」という言葉を思い出しました。なるほどな、次は寿司屋でコースを食べながら日本酒を飲もうと思いました。

 

 

寿司屋で日本酒を楽しむ

 

銀座の寿司屋でコースで日本酒を楽しむ機会があり、刺身や土瓶蒸し、揚げ物、〆の寿司を楽しみながら旨い日本酒を味わうと、良い話と笑顔が広がり時間の経つのを忘れてしまいます。

少し贅沢ですが、寿司屋のコースで旨い日本酒を飲む、こんな日も時にはいいと思います。

仙台の新幹線乗り場の近くに牛タン寿司広場があります。三階にある立ち食い寿司の「北辰」へ東京から来た友人・家族、お客様を必ず連れて行きました。素晴らしく美味しい寿司と旨い酒が楽しめる隠れた名店です。仙台旅行の帰りなど是非寄ってみて下さい。隠し酒がなかなかです。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 奥鬼怒手白澤温泉は徒歩で二時間の秘湯と抜群のおもてなし | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 飲みニケーションによる人柄と作法、できる人間かの確認 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です