いつまでもいたくなるディズニーワールド

いつまでもいたくなるディズニーワールド

 

 

10数年振りのディズニーランド

 

結婚記念日にどこへ行きたいと家内に聞くと、「ディズニーランドに行きたい」と迷わずストレートに返ってきたので、少し驚きを感じながら、10数年振りに早朝の舞浜に降りました。

シンデレラ城を見た瞬間、ディズニーワールドへ中へ連れて行かれてしまい、各エリアを歩いて行くうちにディズニーワールドの住民の様な気持になります。

パレードは、ディズニーワールドの住民になるお祝いで、パレードが終わった午後には完全に居心地のいい世界に住んでいる感じになります。午前中は時間の経つのがいつもの時間の流れと同じですが、住民になるとあっという間に暗くなり、時間の経つのを忘れるという感覚になります。

今回は、あまりディズニーランドに縁のない人用に、先日家内と楽しんだディズニーランドについて紹介します。

 

 

ずーとディズニーワールドにするには

 

「そうか、ディズニー内のホテルに泊まれば、ずーとディズニーワールドの中で過ごせて、現実の世界や景色を見ることなく、そのまま次の日も楽しめるのか」と言うと、「いいところに気がついてよろしい。来年は、ディズニーランドに2泊しましょう」と家内は本気モードで言います。

結婚当時、ディズニーランドも出来たばかりで、ディズニー好きの家内は、「何処に行きたい」と聞くと、「ディズニーランド」と答え、新しいアトラクションができたら必ず行かなければならないほど、よくいきました。

あの時は、ディズニーワールドという感覚よりも、アトラクションの面白さが際立っていましたが、今はディズニーワールドの空間の心地良さと心の解放を感じるようにディズニーランドは進化を続けています。

 

 

ワンス・アポンア・タイムの出来の良さ

 

シンデレラ城に映像を映すワンス・アポンア・タイムは、引き込まれる素晴らしさがあります。妖精が飛ぶと金色の星屑のようにキラキラ出るものをレーザー光線で見事に描いているのは、驚きです。

家内は大満足で、もう一度2回目の公演を見ることになりました。

エレクトリックライトパレードも、音質の良さ、豪華さ光の使い方・綺麗さ、これでもかと出てきて終わりがない感じがする状態で、ディズニーワールドの住民になってよかったという気持ちになります。

 

 

暗さが丁度いい

 

ディズニーランドの照明は、ほとんど黄色灯を使用し、昔のよき時代を表現しています。暗いので、アトラクションの看板がギリギリ読める感じになっているところが多い状態です。その適度な暗さが人の心を豊かにおおらかにゆったりとした気分にさせます。

適度な暗さの良さを改めて体験できます。

 

 

ショーでディズニーワールドに連れて行かれる

 

ショウの完成度は極めて高く、私は、ショウを一番の楽しみにしているほどです。面白さと楽しさと素晴らしさを堪能しながら、ショウを演じる役者さんの溌剌とした動きと躍動感と笑顔から、自分の身体と心に力を授けてもらえる感じがします。

ショウを見ているうちにこころろをディズニーワールドに持っていかれてしまう感じです。

 

 

12時間~14時間遊び続けられますか

 

50近い人は、12時間以上子供のように遊ぶため、栄養剤の準備をお薦めします。

そして、疲れにくい身体を作るように毎日のトレーニングを忘れずに続けて下さい。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
店に入った瞬間上機嫌になり、真剣勝負の料理は感性を磨いてくれる
 
旨い酒との出会いを求めて -酒の作り手と売り手の気迫を感じる-
 
健康の基本は、身体が喜ぶ旬のものを使った料理- 深い赤色の冷製トマトパスタ -
 
ディズニーシー・タートルトークのクラッシュにいじられる
 
最近気に入っている初詣の地、高尾山、成田山
 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介