上司が喜んで饒舌になってしまうような部下

上司が喜んで饒舌になってしまうような部下

 

 

上司が饒舌になる時

 

上司が饒舌になる時は、気分がいい時です。どう気分がいいかというと、壁を破り部下が成長した時、予想を超えた仕事をしてくれた時、自分の考えていることを具体化してくれる部下を得たりした時です。このような部下が現れると、上司は、更に色々なイメージが膨み、新たな発想のヒントを得て頭の回転も凄くいい感じになります。

このような部下の仕事は、上司を2回喜ばせてしまうので、饒舌になり、この時の話は素晴らしい内容が多いものです。

 

 

上司から仕事を命じられた時の部下の行動パターン

 

大体こんなイメージかなと範囲を決めたりして仕事に取り掛かります。仕事を開始すると、情報を収集したり、色々な人にインタビューしたり、調整をしたりして仕事をまとめながら、上司の指針や指導を受けます。

この時、上司から自分のイメージの外の内容まで求められたり、一歩先の内容を言われたり考えたりしなければならない時、仕事をどのようにするかタイプ別に分けてみます。

 

①理解できないことは止めて何とか自分の理解できた内容でまとめる

②イメージの外の内容にもアタックしてまとめる

③遥か彼方のものも取り入れるか検討してまとめる

④上司のイメージを確認せず自分のイメージでまとめる

 

の4タイプに分かれます。

 

 

饒舌にさせる部下

 

≪部下にいて良かったタイプ≫

④のタイプの人は、頭が固いと評価されるタイプで、使えないタイプといわれます。

①のタイプの人は、並みか並みの下、将来の伸びはあまりないと評価されるタイプです。

②のタイプの人は、使えそうな幹部のタイプです。

③のタイプの人は、部下にして、部下にいて良かったというタイプです。

 

更に、③の上をいくタイプは、イメージの外の話を聞いてそれを取り込み、新たなものを加えてイメージを3倍にした業務をやり遂げる人です。

このような部下を持った上司は、本当にありがたく指導時饒舌になります。

 

 

ポイント

 

いつも現実を正しく見る目で現場を確認することにより、問題認識を持ち、改善法を考え続けていることが重要となります。問題認識を上司と同等のレベルで持てるとイメージが簡単に一致します。

イメージが上司とあうと、上司の指導内容がイメージの外のものであっても、改善法のヒントをもらったと反対に嬉しくなってしまうものです。

イメージが合っていないと、更に大変なことまで上司に要求された、宿題を沢山難しいのをもらったと嫌になったり、理解できなかったりして②①④に落ちていったり、逃げてしまいます。

イメージが合うか合わないかの差はとても大きいものがあります。

問題認識や現状認識を如何に捉えるかを日々の業務の中で磨いていくことが重要です。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 部下が高いモチベーションを維持し、躍動して動きを加速させる方法 -もう一つのリーダーシップ- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です