気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-

気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-

 

 

気配を感じることはできるのか?

 

プレデターを観た時、インディアン出身の兵士が気配を感じながら行動をしているシーンがとても印象的でした。森の一点を見つめて「何かがいる。ここは避けた方がいい」と言っている場面がそのシーンです。

もし、気配を感じ取れる技術を戦闘員が身に付けることができれば、生き残って任務を達成して帰ってこれると思います。

人間が何かを感じ取ろうとする時、立ち止まり、音や空気の流れを感じ取ろうとします。走った後、ハァハァいいながらでは自分の体が騒がしくて感じ取ることができない状態になります。

 

プレデター(DTSエディション) [DVD]   プレデター [DVD]

 

秋の夜に草むらを歩くとジーと鳴いていた虫がピタッと鳴き止みます。しばらく静かにしていると、また鳴き始めるのを経験した人が多いと思います。これを水面(みなも)を使って説明した人がいて、成程と理解することができました。

自分の心の中に静かな月夜をイメージし、そこには大きな池があり、どこまでも静かな波一つない水面がずーと続いているのを思い浮かべて見て下さい。

波一つない水面に波紋ができたということは、自分の心が乱れてしまい水面を波立ててしまったか、何かを感じて波紋ができたかのどちらかになります。

自分の事はわかりますから、正常な状態であれば、他の何かが、近づいてきて音がしたのか、何かの動きを感じたりしたため、波紋ができたと判断できます。これが気配を知るということだと聞いて納得しました。

「では、気配はどうすれば無くせますか」と聞くと、同じことをしていれば、気配は小さくなります。歩いたり、考えたり、していると気配を発するので、静かな水面を持っている虫や動物に悟られてしまいます。

自分も延々に続く水面を作っていれば相手は気配を感じることが難しくなると聞いて凄いことを考えるなと感心しました。

砂浜でカニを採ろうとしたら、穴に潜られてしまい、しばらく静かにしていると顔を出して外に出てくるのは皆さん経験したことがあると思います。

気配を感じ、気配を消すというのは、静かな心を維持しながら、集中せず、全体に柔らかくレーダーを回して、まるで前からここにあったと感じる岩のように自然に溶け込むことをすることです。

静かな水面に月が綺麗に写るように心を静かにすることから、始めていくことにより、気配を知ることになります。

 

カニ

 

日頃から、生活の中でも水面に移る月を意識しながら行動を心掛けています。以前煙草を吸っていた時、非常に弱点が生じて嫌な行動が一つありました。

それは、自動販売機で煙草を買って取りだす時、少ししゃがんで、周りに無防備に背を向ける状態になります。非常にいやな瞬間です。

ある時、人が後ろを通っているのがかすかに感じ取れ、その人は気配を減少している状態だったので、非常に嫌な感じがして、思わず、「何者なんだ」と、ぱっと振り向いてみると、それらしい人はいませんでした。

おかしいなと確認をしていくと、やる気と人生に疲れているような若者に自分は反応したことに気づき、この人はオーラというか意欲がほとんど感じられないのが、無の波紋を作っていたのではないかと理解しました。無気力の若者も気配が小さいです。

 

≪次のブログも参考にお楽しみください≫
任務を達成して生き残れる人の考え方と準備の仕方

戦闘の参考になる映画「ハンテッド」

敵に見えない動きを追求する

第40普通科連隊も学んだ隠れたサバイバル技術の第一人者、川口拓氏

戦場で一瞬にしてやられる状況を猛禽類が獲物を捕らえる姿と重ねる

カモフラージュ(スカウトのスト―キング)
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

17 Comments

  1. Pingback: 戦場で一瞬にしてやられる状況を猛禽類が獲物を捕らえる姿と重ねる | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 鳶(トンビ)から学んだ”気配が消える” | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  3. Pingback: 戦闘の参考になる映画「ハンテッド」 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  4. Pingback: 任務を達成して生き残れる人の考え方と準備の仕方 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  5. Pingback: 栄光を掴み取る組織と人間作り-人を生かす組織、強く活力のある組織- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  6. Pingback: 第40普通科連隊の訓練展示を10年振りに見る-futamiryu小倉へ行く- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  7. Pingback: スカウトの世界、森の歩き方 -山伏(やまぶし)と歩く- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  8. Pingback: カウンタースナイパー(インディアンの性能を持った隊員の育成) | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  9. Pingback: 敵に見えない動きを追求する | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  10. Pingback: 戦いの中でやられないで生き残る人の行動から学ぶ | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  11. Pingback: スカウトの世界、森の入口付近の歩き方 -気を抜くと痛い目にあいます- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  12. Pingback: 森の中での動き方、歩き方 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  13. Pingback: インストラクターの戦闘技術と心構え | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  14. Pingback: カモフラージュ(スカウトのスト―キング) | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  15. Pingback: 7月初旬発刊予定kindle本「二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談」 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  16. Pingback: 第40普通科連隊も学んだ隠れたサバイバル技術の第一人者、川口拓氏 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  17. Pingback: 森の中での行動 -匂いの特性と溶け込み方- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です