大人を楽しませる築地の魅力

大人を楽しませる築地の魅力

 

 

場内の店は心がときめく

 

築地の場内は、牡蠣ラーメン1200円と値段はそれなりですが、値段をはるかに超えた旨さ、新鮮さ、ボリュームとわくわく感を味わえます。鯵フライの抜群の旨さに驚き、とびっきり新鮮で厚切りの海鮮丼や10匹以上の縞エビの尻尾が天井を向いている天丼など、美味しいもの好きにはたまらない店がひしめいています。

地下鉄の築地駅を降りて階段を上ると、大通りがあり、すぐ築地の入口の交差点が見え、築地場外へ向かって歩くと、朝の六時半なのに美味しいラーメン屋や寿司屋に人が集まっています。

場外の奥まで行くと、神社があり、そこが場内の入口です。

電気で走る運搬車が走り回り、人が多く活気があり、いつの間にか心が盛り上がってきます。キョロキョロしていると電気運搬車にひかれそうになるので注意が必要です。場内の寿司屋では、外人が多く列を作って規則正しく待っています。寿司もいいのですが、場内は寿司以外が狙い目です。

 

 

何屋かわからないが抜群にうまい店

 

築地場内の一番奥の並びに鰻と海鮮丼が抜群であると友人から聞いて、築地に通って、4回目に行ってみると、英語や中国語、アラビア文字、その他色々な国の文字でメニューが書いてあったり、料理の絵が描いてあります。一見多国籍料理店のようで、この店は何があるのかよく理解ができない感じです。

「海鮮丼おいしいよ」とマスターがぼそっと言います。お玉ですくったお茶がコーヒーカップで出てきます。マスターは、英語を喋ったり、タイ語を話したりして、外人の対応をしています。「あそこの人はイギリス人だけれど難しい英語を使うよ」などぼそっと話してくれます。

鰻重を頼むと「うちは鰻の老舗です」とマスターは外国人の話す日本語のように教えてくれます。味噌汁とお新香が出てきたので、まずお茶を一口飲んでみると、コーヒーカップに入っているのに驚くほどの旨さに驚き、味噌汁は素材の良さが光る素晴らしい出来でした。

「これは旨い」と思わず言ったら、「昆布もカツオも最高のものを思い切り使っているから美味しいでしょう。せっかく来てもらったの美味しくないといけないからね」とポンと返ってきます。

出てきた鰻重は、鰻好きの私が今まで食べてきたものの中で断トツの旨さに驚き、「凄い」というと、「築地に入る鰻の一番いい物の中から、20匹を選んでいるので物がいいのよ」とマスターが少し嬉しそうにしながら話してくれます。

ここは、是非とも味わって頂きたい店です。鰻重を食べた家内も大感激、大満足、ニコニコ顔になっています。「こんな美味しい鰻初めて」と言っています。

築地場内の店は、狭く、皆で少しずつ詰めて座ったり、街の食堂みたいな感じです。そして、リーズナブルな値段で最高級のものが食べられる不思議な空間です。

 

 

築地場外の皮つきアーモンド

 

皮つきアーモンドという変わったものを試食してみると、これまたなかなかの物で、同じ店の黒イチジクもとても上品で思わず買ってしまいます。

ところてんを頼むと押し出して作ってくれる角にある店の「ところてん」は、100円ですが、初めてところてんの美味しさを知ることができるところです。行くと必ず寄ってしまいます。

 

 

終わりは早い

 

築地場内の食堂は、11時を過ぎると人気店は売り切れになるので、美味しいものは、朝早起きして味わって下さい。

市場で本日の仕事が終了した人が、朝の7時に朝食とともに、瓶ビールを旨そうに飲んでいる姿も普通に見られます。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
店に入った瞬間上機嫌になり、真剣勝負の料理は感性を磨いてくれる
 
旨い酒との出会いを求めて -酒の作り手と売り手の気迫を感じる-
 
健康の基本は、身体が喜ぶ旬のものを使った料理- 深い赤色の冷製トマトパスタ -
 
ディズニーシー・タートルトークのクラッシュにいじられる
 
いつまでもいたくなるディズニーワールド
 
カジノで学んだ読み合いに勝つ方法 -ルーレットでの心理戦-
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介