チームは劇団一座 -皆が一人一人の役割を持つ-

チームは劇団一座 -皆が一人一人の役割を持つ-

 

 

全員でチーム

 

部隊は、組織を束ねる指揮官がいて、幹部がいて、現場で活躍する陸曹と陸士がいて、戦闘員、操縦手、補給をする者や修理をする者、食事を作る者がいて機能します。部隊は戦闘要員だけでは動きませんし、部隊長だけでも機能を発揮しません。戦闘要員を支える人間の比率が思った以上に多いのも事実です。

俺は、毎日アブラムシ(車両整備のため、車体に潜り込み油まみれになる状態)で車両を整備しているだけで、戦闘員のような華やかな訓練に参加する機会がほとんどなく、その力もないと思ったり、部隊長はいいよなー指揮していればいいんだからと日の当たらない地味な仕事をしているものは思います。

アブラムシのような仕事をしている人は、人目に触れず、黙々と仕事をこなしている毎日なので、目立つ活躍ができる人に対して、羨ましいなーとも思うでしょう。

futamiryu(著者)は、このように理解しています。部隊長は偉そうにしているが、多くの責任や困難と毎日勝負していてハヒハヒ状態でそれをみせないだけで、薄氷を割りながら日々歩いています。毎日自分の中の自分と戦っていて、赤信号みんなで渡れば怖くない。あーもうそんな感じで無理しないで皆と和気あいあいやっちゃうか、流されてしまおうかという心とイカン、組織を強くするために頑張るんだという心が勝負しています。でも、最後は皆を強くするという心が勝つように努力しています。こんな毎日です。

もう一つ、チームは劇団というか、一座と同じで、指揮官は、指揮官という役をこなしていて、整備員は、整備員の役をこなしているだけであり、皆平等であるということです。脇役をこなす人間がいなくなれば劇はできません。車両を整備してくれる隊員がいるから、高い可動率で故障がなく車両が運用できます。車両が動かなければ、部隊は動きません。一つ一つ役を果たす人がいて組織が動きます。一人一人の仕事に関心を持ち、その頑張りを評価することが大切です。

また、チームは、一人一人が努力をして成長をしながら、チームとしての力を向上させることを目指します。個々の成長がなくチームワークを追求するとやはり成長の限界が出てしまいます。、個々の成長を目指すことは、チームを強くするポイントでもあります。

強い劇団を作って下さい。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
自分に過信せず、皆の協力があって活躍できる自分を知る
 
面接の試験官で気にしていた10の事柄
 
自分の立場は、行動の仕方でいくらでも変化する
 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です