動かない組織を変革することは難しくはない

動かない組織を変革することは難しくはない

 

 

組織は簡単に変えられる

 

何かをやろうとする時、仲間がいないとできないものです。職場の雰囲気や意識の変革や組織を変えていくには、組織に所属するメンバーの何パーセントが仲間になればできるのでしょうか。普通、少なくとも半分はいないと勝負にならないので、70%の仲間ができれば改革はできるのではないかと思います。そのため、毎日ただ同じことをして流しているだけの組織の中に入った人が、変えようと思っても、仲間はせいぜい15%程度で、生ぬるい生活から変わりたくないという流れを変えようにも多勢に無勢のためあきらめてしまうことが多いと思います。

組織を研究すると興味深いものがあります。Aという組織の25%の人間が何かを始めると、外からAという組織を見ている人達は、Aの人達皆がやっているように見え、Aの組織の人達は外の人達から、「新しいことを皆で始めたね」と言われたり、「新しい方向に動き出した」と言われて、「まだ少数の人しかしていません」とか「そんなこと知りません」と答えますが、そんなことはないですよ。と外からの刺激で、内部が変化していきます。内部の仲間が25%から40%へすぐ変化していきこれが繰り返されて、組織が変わっていくという内容です。

この時、より変革を進めるのには、心に火を付けることのできる人がいることです。このタイプの人はとても重要な役割を果たします。

15%の仲間がいれば、あと10%仲間を獲得することにより、いい方向に進むことができます。諦めないでください。

 

≪次のブログも参考にお楽しみください≫
栄光を掴み取る組織と人間作り-人を生かす組織、強く活力のある組織-

150km/hで走るダンプカーのように

出る杭は打たれるが、出過ぎた杭はどうなる

目標をどこに置くのがいいのか
 

 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. 主藤 様

    勉強させていただきました。
    この春に職場を異動し、もがいておりましたが、自分の信じる事を貫いていこうと思うことが出来ました。
    これからも強い「想い」をもって精進します

    1. futamiryu

      主籐様

      コメントありがとうございます。

      新しい職場において、毎日エネルギッシュに活動されているのが、目に浮かびます。

      新しい職場、メンバー、業務内容のところでは、自分の立ち位置を毎日探しながらチャレンジをしていくことになりますが、周りの人達も首藤さんに対してどのように対応したり、立ち位置をとったりすればいいか、探して毎日仕事をしているということに思いを巡らすと、色々な方法がまた思い浮かぶと思います。

      futamiryu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です