「オオクワガタ採集記」がkindle本になりました

「オオクワガタ採集記」がkindle本になりました

 

 

kindle本になる

 

オオクワガタ採集は、里山や原生林での採集から、自然界の仕組み・法則のようなものや動物の動きを知り、これはインディアンが狩りをする時のコツと技術に似ていることに気がつきます。

毎年オオクワガタ採集へ行き、飼育ではゴールデンウイークから産卵準備、産卵、幼虫管理、羽化が始まるので、どうしてもオオクワガタの記事が多くなってしまい、夏になると家族から「戦闘組織に学ぶ人材育成」ではなく、オオクワガタブログになると言われてしまいます。

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。クワガタショップで話をしても、店長から質問されたり、飼育のコツなど話したりするようになりました。

また、多くの仲間と日本各地で採集した楽しい思い出やズッコケ採集記は、最高の時間です。

オオクワガタを通じ多くの仲間ができ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. オオクワガタブリーダーSogo

    二見龍さんの「オオクワガタ採集記」いいですね。特に、同じ場所・同じ方法で反復・継続して採集した記録は、クワガタ雑誌によくある、「たまたまラッキーでオオクワをゲット」というような話とは重さが違います。様々なエピソードは、現場の状況が目に浮かぶようで面白かったです。

    1. futamiryu

      オオクワブリーダーSogo 様

      同じところを定期的に狙って採集する「定点観測的採集法」は、気象や街並みの変化、オオクワガタの発生パターン(例えば個体の多い年、少ない年が6年間にどのように繰り返すか)が分かります。

      引き続きお楽しみください。
              
                                              futamiryu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です