中級陸曹は部隊の中核であり、部隊のエンジン

中級陸曹は部隊の中核であり、部隊のエンジン

 

 

2曹に育てられる

 
防衛大学校を卒業した私は、福岡県の幹部候補生学校で6カ月間幹部の基礎教育を受け、初の任地となる宇治市に所在する第45普通科連隊へ異動となりました。

当時(昭和の後半頃)第45普通科連隊の中隊には、幹部と上級陸曹が少なく、1小隊2小隊までは幹部が、3小隊は上級陸曹、4小隊は小隊長を2等陸曹がついている状況でした。

着任後、すぐに戦闘団検閲(2年に一回師団長が連隊のレベルを判定するために行う訓練)があり、候補生の私は、1小隊の2班長になり、5名の部下を初めて指揮することになりました。

小隊長の女房役であり小隊のまとめ役である「小隊陸曹」の2等陸曹が、部隊や隊員のことを全く知らない私を優しく時には、強い口調で指導してくれました。

時々、家に招いてくれ、部隊とはどういうところか、隊員の扱い方について奥様の手料理とうまい酒を飲みながら教えてくれます。

「今日朝礼後、候補生が2士に言った内容は伝わっていないよ」、「もっと隊員との間合いを近くして接しないとダメだよ」と日々早く一人前になるように育ててくれました。

人数の少ない上級陸曹の1曹は、階級が上でも小隊長としての体力と実力が無いと中隊本部に入れられ、実力のあるベテラン2曹が小隊長に任命される時代でもありました。
小隊陸曹もベテランの2曹が配置され、班長も若い2曹が配置されグイグイ部隊を引っ張っていく状況でした。

ヒヨコの私は、実力としては3曹なりたて程度のため、多くの2等陸曹やベテランの3曹に教えてもらったり、彼らの背中を追いかけて力を付けていく毎日でした。

この時から私の中級陸曹のイメージは、強く、激しく、柔らかく、中隊の中核であり、中隊を動かすエンジンとなるプロという地位と役割を持つ重要な隊員というイメージです。

 

 

中級陸曹に求められるもの

 

3曹から早く2曹に昇任する陸曹は、回りの隊員の心にやろうという火を付けることのできるタイプであり、中隊や連隊をけん引していく人材です。彼らの成長如何が部隊の強さに直結します。

彼らの強さが部隊の強さになります。

中堅で2曹になるタイプは、一つ一つ努力をしながら実力をつけてきたタイプで部隊の粘り強さと戦い抜く力となります。

後半で2曹になるタイプは、陰日向関係なくモチベーションを維持しながら、活動する部隊のロジスティックを支えます。

部隊のエンジンとなり、粘り強さを発揮し戦い抜く原動力であり、実戦に最も重要となる兵站を支えるメンバーが2等陸曹です。

そして、若い隊員を善導する役割があります。

 

 

部隊の強さは2曹の強さ

 

師団の3部勤務の時、部隊の強さを評価する重要なポイントは、小部隊の強さにあると考えていました。

最前線で戦闘、戦闘支援を実施する最小単位は、班・分隊である小部隊です。
小部隊が高いモチベーションと実力を保有し、自由自在に動く部隊は、実戦に強く、生き残り任務を達成することのできる部隊です。

この小部隊を班長や分隊長として指揮するのが中級陸曹です。
小部隊の強さイコール中級陸曹の高いモチベーションと実力であると考えました。
このため、中級陸曹の意識や行動が重要となります。

中級陸曹がチャレンジ精神を常に保持し、実力をつけようとする意思と日々の行動の積み上げを行い、若い隊員の心に火をつける人間性を磨きいている部隊は強い部隊であり、強い部隊になる部隊です。

 

 

上級陸曹にはできない中級陸曹の価値

 

中級陸曹は、年齢的に若く、体力的にも充実した時期であるため、背中で隊員を引っ張っていくことができます。年齢が高くなると、経験を積み話も上手くなりますが、最前線で戦い抜く馬力と衝撃力を発揮し維持することはできません。

体力的に充実し、必要な経験を積んできた中級陸曹の率いる部隊が、厳しい最前線で昼夜戦い抜くことができます。

中級陸曹には、極めて重要な役割があります。

私を育ててくれた中級陸曹、部隊の中核である中級陸曹に感謝するとともに、中級陸曹の活躍を常に応援をしています。

頑張って下さい。

 
 

≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
陸曹が幹部になりたくなる部隊、本物の強さの追求と人材育成
 
上級陸曹として指揮官を如何に補佐すればいいか
 
ガンハンドリングの基礎 -この銃は安全ですか-
 
「私の戦闘技術を陸上自衛隊に伝えることが私の愛国心です」
 
小隊長の約束
 
伝説の男 -黒崎健時-
 
相手を全滅させる男 -実戦的な戦闘競技会-
 
栄光を掴み取る組織と人間作り-人を生かす組織、強く活力のある組織-
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介