オオクワガタデータ飼育 -系統の重要性と楽しみ方-

オオクワガタデータ飼育 -系統の重要性と楽しみ方-

 

 

巨大オオクワガタを作出している血統

 

2016年現在、巨大オオクワガタの作出できる血統は、89ミリ台のオスを出している「能勢YG血統」、85ミリ以上のオスを出している「川西MG血統」、「久留米血統」が主流です。この3大血統が現在オオクワガタの極限の大きさを狙える血統として多くのブリーダーが累代飼育を行っています。

オオクワガタの血統は巨大オオクワガタだけでなく、美しさを追及する「美形血統」や限りなく太さを追及する「極太血統」もあります。自分の目指すオオクワガタを作出していく楽しみや魅力がオオクワガタ飼育にあります。

 

 

野外採集個体から大型血統を作出するロマン

 

天然物のオオクワガタを野外採集により自らの手で入手し、累代飼育を重ねて自分の目指すオオクワガタを作出することは、オオクワガタ愛好家のロマンといえます。

大きくなる性質を持つ天然物のオオクワガタはなかなかいません。天然物から大型を作り出すことは難しいものがありますが、難しさと運と自らの手で作り上げるところにオオクワガタ飼育の魅力があると思います。

 

 

日本各地で地元オオクワガタ愛好家と交流

 

仕事柄転勤が多く北海道を除く各地で勤務をしてきました。転勤の楽しみは、地元のオオクワガタ愛好家と採集や飼育を通じて仲良くなり、好きなオオクワガタを存分に楽しめることです。

今から15年前の南九州では、産地区分が重視されていて、○○村の△△まで表示され出所を明確にしていました。純血を重視していたからです。
産地区分の出来ていない個体は、人気がありませんでした。

当時、九州の地元オオクワガタ愛好家の入手できる有名産地のオオクワガタは、佐賀県産、福岡県産、宮崎産の九州産と能勢を中心とする関西産が中心で山梨産はあまり見ない状態でした。

私が連れてきた福島県桧枝岐産は、流通しておらず地元愛好家にとって見たことのない非常に珍しい血統として捉えられ驚きました。
地元オオクワガタ愛好家と福島県桧枝岐産と地元のオオクワガタや各人自慢の血統を交換することがこの時から始まり、多くの血統を保持するようになります。

この時から、各地へ転勤する度に地元のオオクワガタ愛好家との交流を楽しみながら、自慢のオオクワガタを交換するようになります。

 

 

目指すものがあれば血統を重視する

 

大型個体、美形固体、極太個体など、自分の目指したいオオクワガタを作出する場合、一からの出発やどんな性質を持っているかわからない(素性のわからない)オオクワガタから始めるよりも血統がしっかりしているオオクワガタから始めるのが近道です。
一番の楽しみは、自分で血統を最初から作り出すことですが、完成された素晴らしい血統を飼育することもオオクワガタ飼育の楽しみがあります。

血統を知るとオオクワガタ飼育がより深まり醍醐味が増します。

血統を入手したい場合、良い血統を信頼できるショップ・オオクワガタ愛好家から自分の目で実物を見て入手することが大切です。
顎の開きの悪いものや片方の顎が上手く開かなかったり、ディンプルがあったり、胴体が長くバランスが悪いなど、劣性遺伝が血統に入ると元に戻すのはかなりの手間と年数が必要となるからです。

 
 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
オオクワガタマット飼育 -1令、2令幼虫のマット飼育-
 
「オオクワガタデータ飼育」のkindle本が出ました -マット飼育の世界-
 
オオクワガタを通常よりも1㎜から2㎜大型にする新聞紙を使った飼育方法
 
最高に沢山怒られた日 オオクワガタ脱走事件
 

 

kindle本がでました

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です