オオクワガタデータ飼育 -飼育に与える温度の影響と温度管理-

オオクワガタデータ飼育 -飼育に与える温度の影響と温度管理-

 

 

大型を作出することに必要な温度管理

 

菌糸ビンの登場とともに温度管理の必要性がクローズアップされてきました。当初は菌糸の劣化防止でしたが、現在では幼虫の大型化と巨大成虫作出するための重要なテクニックとなっています。
産卵からビンへの1令幼虫の投入時、3令幼虫時期、蛹化、羽化を上手く温度管理することによって幼虫を大型化させ、幼虫が一番大きくなる時期に蛹化して羽化させることができます。

温度管理は、一年中エアコンを入れて室内の温度を調整するとともに、空気を循環させて室温を均一にします。
湿度管理は、冬場や夏場の湿度の変化やエアコンによるマットの乾燥を防止するため加湿器を設置します。

 

 

どこまで追及するか

 

大型オオクワガタ作出のための温度管理と湿度管理を徹底的にすると夢のオオクワガタの部屋が出来上がります。
しかし、奥様もオオクワガタが大好きで経済的にも大変理解があるか、趣味ではなく業務として行わない限り、趣味の域でどこまで追及するかそれぞれの愛好家によります。

自宅では、タフな折衝を継続した結果、夫婦の趣味の資材置き場にしているマンションの南向きの部屋をクワ部屋として使用の許可を家内から了承してもらいました。(しかし、年々家内の趣味の作品・材料にクワの敷地が侵食されている現状があります)

室温と乾燥は、ビンを置く高さに影響を受けます。

マット飼育のため、エアコン、加湿器、サーキュレーターを使用していませんが、高さによる室温の差と乾燥の違いを理解しておくことが重要となります。

 

 

膝より低いと低温、目線より上は乾燥に注意

 

自宅では比較的一定の温度を確保しやすい部屋のため、エアコンは使用していません。
自然の温度を利用しても、高さによる温度の影響が明らかに出ます。

膝より下の高さにビンを置くと羽化の時期が主力の羽化の時期よりも2週間近く遅れてしまいます。
一番大きな幼虫になり熟成が進んでいる時に、必要な温度を得られず、蛹化へ進まず、幼虫の状態でいるため体重が落ちてしまい大型が出ません。
半面、自然の状態で人工的なことをしないので、その分オオクワガタに負荷がかからず、無理をしていないので羽化不全が少なくなります。

目線より上にビンを置くと温度は十分ですが、乾燥が進むため、羽化までの間のマットの状態がギリギリの状態になる可能性があります。

加湿器を上手く使用すると天井近くは温度が一定で高いため良くなるのではと思います。

エアコンや加湿器、サーキュレーターを使用しない場合、ビンを置く一番いい高さは、腰から胸の辺りになります。(南関東のマンションの南向きの部屋の場合です)

空気の循環の必要性は、暗室化する目的と冬場温度が低下しないようにビンを段ボール箱に詰めて飼育していると、幼虫のエサの食いが悪くなり、多くの幼虫がビンの口近くに出て来てしまう状態を経験しました。

この時から空気の循環はとても重要であることを認識しました。

奥様と財布とスペースと相談しながら、大型のオオクワガタ作出を楽しんで下さい。

 

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
オオクワガタマット飼育 -1令、2令幼虫のマット飼育-
 
「オオクワガタデータ飼育」のkindle本が出ました -マット飼育の世界-
 
オオクワガタマット飼育 -3令幼虫のマット飼育編-
 
オオクワガタトラッキング採集編1 -山梨県甲府地域(その1)-
 
熊本オオクワガタトラッキング採集
 

 
クワガタ、カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -産卵場所と飼育用マットの違い-
 
クワガタ・カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -長生きさせるコツ-
 
クワガタ、カブトムシ採集・飼育を親子で楽しむ -種類によって寿命が違う、越冬の仕方-
 
クワガタ、カブトムシ採集を親子で楽しむ-クワガタ・カブトムシの発生時期を知る-
 

 

kindle本がでました

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: オオクワガタ能勢YG血統を飼育する環境ができる-息子からの嬉しいプレゼント- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です