鳥取県の海岸にある「拉致防止」看板に北朝鮮との現実を見る

鳥取県の海岸にある「拉致防止」看板に北朝鮮との現実を見る

 

 

日本海側の緊張度

 

北朝鮮の潜入工作行動の一例を示し警告する看板が、観光地として有名な鳥取県「白兎神社」の入口に立っています。現在においても、ここまで具体的な内容で潜入工作の潜入兆候を示し注意を促す自立式看板から、危機の存在を認識できます。

太平洋側では予想ができない日本海側の現実があります。

東北の日本海の海岸では、朝鮮半島から日本へ向かう潮の流れがあり、朝鮮半島側から多くの漂流物が流れ着きます。多くのごみが毎日流れ着き、時にはハングル文字の書かれている古い船に死体が乗っていたり、特殊工作員の装備と死体が流れ着きます。

秋田県の男鹿半島は、人口密度が低く潜入適地のため、過去、潜入行動や拉致活動が活発な地域です。

30年前京都勤務で部隊移動のため関西の海岸地域に近づくとラジオに朝鮮語放送が非常に強い電波で入りました。驚いて小隊陸曹に聞くと「ここはこういう地域だ」と言われ、関東出身者として大きな違和感を感じたのを思い出します。

 

 

隠されてきた実態

 

拉致については多くの人が知る事実になってきましたが、数十年も前から日本海の海岸地域で北朝鮮による拉致が行なわれてきたことが、国からもメディアからも知らされることはありませんでした。

メディアでは、長い間「北朝鮮」という国名は「朝鮮民主主義人民共和国」と何かに規制されるように扱っていたことを思い出します。

長い間、拉致自体が認定されていないかったため、日本海の海岸で工作活動が行われていても、不審者による行方不明事件として処理をされていましたが、海岸地域の住民や関係機関は拉致の実態を認識していました。

国で認めず、メディアでも報道されないため、太平洋側に住む者には全く危機感を感じることなく、たとえ耳にしてもそんなことあるのかという程度で、伏せられ知らせられていない中で実態だけが進行してきたといえます。

%e7%b8%81%e7%b5%90%e3%81%b3%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88

拉致警告看板の近くにある縁結びポスト

 

 

工作員の潜入と潜入を支援する誘導員

 

海岸からの潜入工作を行う場合、潜入する潜入部隊だけでは、多様な任務を実施することができません。
必ず、海岸地域で潜入を行う特殊部隊を誘導し、車両を準備し、道案内や日本国内での活動を支援する支援部隊が存在します。

小型潜水艦から水中スクーターを使用したり、漁船から小型ボートへ乗り換える時も、支援部隊が海岸に目印となる灯りを上陸地点を示します。上陸する特殊部隊は、海上を灯りを目標に前進します。

普段夜間灯りの付いていない無人の漁具庫の電気がついていたり、海岸に不自然な明かりが存在することが兆候となります。

日本海側は、家が少なく人に見られず砂浜に上陸できる場所が多く存在します。半島の裏側は、海上保安庁等の監視の死角となり潜入適地と言えます。

特殊部隊を受け入れるため、ほとんど外部の人のこない地域に見慣れない人間が歩いていたり、普段駐車する車のない所に見慣れない車が停車していたりします。

支援部隊は、特殊部隊の使用した潜入工作器材の回収、着替え、工作活動のための武器、装備、補給品を準備します。特殊部隊を車両に乗車させた後、あらかじめ準備しておいた潜入工作拠点へ移動します。

潜入の兆候は、灯りを消して行動するため、海上での行動からは把握しにくいですが、受け入れを行う海岸地域では、誘導灯、支援要員の配置、車両、見慣れない人の出現などから各種兆候発見が容易となります。

「おかしいと思ったらすぐ110番」の看板には、分かり易く、潜入を行う特殊部隊と受け入れを行う支援部隊の兆候が記載されています。この看板は、地域住民と協力して作成されており、この地域に危機があることがわかります。

 

 

何故日本全国に危機感は伝わらなかったか

 

北朝鮮の潜入工作活動は、周辺国に配慮した政府の外交姿勢、国内勢力による圧力やメディアの報道の抑制により、長い間、明確に認定されず、国民に広がりませんでした。

インターネットの普及とともに、多くの情報が共有化され、個人が情報を世界へ発信できる環境が広がると、事実を隠せない状態になります。

そして、政府の拉致問題への切込みがなされ、多くの事実が明らかになりました。

しかし、太平洋側には、北朝鮮の拉致行動に対する国家として許せないという行為という認識は広がりましたが、日本海側の危機感と不安全感は実感できません。

地形的に大きく区画されていると危機感が違う状態になります。現在住んでいるところに存在する危機に触れている日本海側の住民と情報で知っているが、肌に触れる危機のない太平洋側では、感じる危機感が異なります。

今回、鳥取県の自立式看板は、日本海側に現在でも存在する危機と、日本の安全保障の在り方、国民の危機感について、多くのことを考えさせるものになりました。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 気持ちの良い職場の雰囲気を上司が作り、部下が周囲へ広げていく方法 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です