小倉駐屯地60周年記念行事、40連隊訪問 -裏バージョン、資料館の宝物-

小倉駐屯地60周年記念行事、40連隊訪問 -裏バージョン、資料館の宝物-

 

 

元帥刀

 

杉山元帥、乃木将軍の所縁の地、小倉駐屯地の資料館に数々の貴重な宝が保管されています。有名な元帥刀を始め、各種勲章や来館しないと見ることができないものがあります。
元帥刀は、着任時の資料館の説明を受ける時、白手袋を装着して触れる機会がありました。元帥刀を入れていた桐箱はその右側に静かに置かれ保管されています。

dsc_1391

 

 

資料館長の出迎え

 

小倉駐屯地解放と同時に入門しようとしましたが、駅から駐屯地に入る道が渋滞し、途中で車から降りて正門へ向かいました。前日と朝雨が降っていましたが、天候は回復し気温も高く、とても心地よい小春日和になりました。

新連隊長は、天気運があるなと思いながら歩いていると、駐屯地の正門にどんどん車が吸い込まれていきます。
警衛所の奥に式典の受付があり、当時お世話になった自衛隊協力会のメンバーが対応してくれ、入門と同時に笑顔になってしまいます。自衛隊協力会の人と固い握手を交わしながら、資料館へ向かう間も、懐かしい隊員と出会い、今日はいい日になるなと感じました。

元将校クラブだった資料館の門を通ると、入口に懐かしい資料館館長が不動の姿勢で待っていました。

「お待ちしておりました」と言われたので「どうして資料館へ行くのを知っていたのか」聞いてみると、「前日、元副官から連絡がありました。こちらへどうぞ」と誘導され、建物に入ると「次期館長です」と紹介される懐かしいメンバーが立っていました。

現館長もそろそろ定年が近いことがわかります。

床は木の廊下で、真っすぐ奥へ進むと元帥刀が展示されている部屋があります。同じ場所で各種勲章も展示されています。

 

 

価値ある勲章

 

資料館長は、今回特別に保管容器から出して写真撮影を許可してくれました。昨年ブログで紹介した美しい色彩の杉山元帥の「功一級金鶏勲章」の下に展示されている勲章も非常に珍しいものです。
≪昨年の紹介ブログ≫
小倉駐屯地記念行事、第40普通科連隊訪問 -裏バージョン-

資料館長は、「勲一等景雲章」、「龍分大綬章」、「特級同光勲章」を一つ一つ
丁寧にガラスケースから取り出してくれました。早めに駐屯地に入ることができたので、まだ人がほとんど入っておらず、ゆっくり味わうことができました。

自衛隊の駐屯地には、資料館があり各種貴重な物を展示しています。若い時は、資料館自体に興味もなく各駐屯地に研修に行っても、流して見ている状態でした。
興味を持って改めて見ると、歴史と重みを感じる素晴らしいものであることを認識します。
興味を失うということは、物を見ていても脳が見ようとしていないので、見ている物の一部しか脳には認識されないことがわかります。

勲章の細部をご存知の方がいましたら、ブログにコメントを頂ければ幸いです。

dsc_0610

dsc_0612

 

 

資料館来場者だけが見ることのできる物

 

資料館には、まだまだ貴重な物が数多く展示されています。

「この凄いのは、どうかな」と確認すると、「これは、ここに来られた方に見て頂きたいものです。こちらはどうでしょうか」

と次の展示物を紹介してくれます。

是非、機会がありましたら、来館し展示物や植木、銅像をご覧下さい。

資料館と館長との会話を楽しんでいると、間もなく式典が始まる時刻になりました。

 
 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です