戦場で一瞬にしてやられる状況を猛禽類が獲物を捕らえる姿と重ねる

戦場で一瞬にしてやられる状況を猛禽類が獲物を捕らえる姿と重ねる

 

 

常に気配を感じるレーダーを回す身体ができる

 

1980年頃年間180日以上、小隊長として自然豊かな演習場で訓練に参加しました。小隊は最前線に配置されるため、訓練が始まると1週間ほど自然の中で生活します。敵が近づくのを常に警戒しながら、夜は落ち葉を身体にかけて寝ました。

1年のほとんどを自然の中で生活していると、いつの間にか身体の中にレーダーができます。
身体の中にレーダーができると、寝ていても常に警戒状態が維持できるようになります。
防御戦闘間、仮眠中自然にレーダーが回り始め、敵の動きか味方の動きか自然の風による音かを察知できるようになります。

何かの気配か音で眼は醒めないのですが、目をつぶっている状態で意識だけが開きます。
次に開いた意識は、音のした所や気配を感じた所の状態を確認し始めます。

 

 

気配の察知と識別の実施

 

防御戦闘間、開いた意識は、各接近経路のどこで気配を感じたかを捜し始めます。通常、防御準備・戦闘間それぞれの経路に警戒員を配置するので経路沿いに意識が飛び回る感じです。

例えば、東に気配や音を感じた時、感じた気配は、「敵か味方か」について意識が飛んでいき確認します。

意識が、この位置に警戒員を配置していて落ち着いている状態なので、警戒員の交代だなと理解するとそのまま、意識は閉じ始め、また眠りに落ちます。

違う気配でまた意識が開いた時、この方向は警戒員は置いていないはずなので、何かが近づいているなと意識が警告を発します。

意識が警告を出した瞬間に、目が覚め身体が覚醒状態になります。

サスペンダーにとめているプレストークボタンを押したり、有線電話のダイヤルを回し小隊員に敵襲対処の指示を出したりしました。

レーダーが探知する距離は、調子のいい時は50メートルぐらいあったと思います。結婚し、妻が近くにいるようになると自然にレーダーの性能が低下していきました。

単身赴任をするようになると、10数メートル程度感度は悪いが、レーダーは復元されました。

 

 

ハンターの勝負は一瞬で終わる

 

家内が横須賀に来たので、三崎口で有名なパン屋さんで焼きたての厚切りのベーコンを惜しげもなく使用して焼き上げたエピを購入し、浜辺を散歩しました。

横須賀は、トンビがとても多いところです。浜辺の岩に座りながらパンを食べ、浜辺沿いの家は、外に身体を洗うマイシャワーが必ずあり本当に海が好きなんだなと感心したりしていました。

この時、自然にレーダーが回っていて、上空高く一羽のトンビがいるのをぼやっと捉え、トンビの位置を確認していました。

少し近づいたかな、離れていったなという感じでロックしていました。自然の中にいると、いつの間にかレーダーが可動します。

厚切りのベーコンの入った焼き立てのエピは、二人のお気に入りです。

上機嫌で味わいながら、江の島の方を見て、「あそこが葉山だね」と説明しても、家内がなかなか確認できないようなので、右手で方向を示し確認できるように意識を集中した時でした、

「バサッ」という音と一瞬の気配と軽い風を感じるとともに、左手に引っかかれたかすかな痛みを感じました。

左手に持っていた、厚切りベーコンのエピを家内と私の直径35センチの円程度の隙間を通ってトンビがさらっていったのでした。

完全に気配が消えていて、気配を感じたのはパンを取った一瞬でした。

 

 

戦闘でやられるのは一瞬でわかった時は手遅れ

 

ワシ、タカ、トンビなどの猛禽類は、相手のレーダーが回らなくなった一瞬を捉え、音と気配を消して接近し、気配と音が聞こえた時には狩りが終わることを実体験しました。

エピを取られる前まで、ずーと意識がトンビをロックしていましたが、家内に葉山の街を教えようと話に集中し、レーダーが停止したところを完全にやられました。

この時、気が付いた時は死ぬ時でもあるなと戦闘のイメージと重なりました。

敵が何処にいるかもわからず、スナイパーに撃ち込まれ気が付いた時は、絶命をしていたり、気配を消して待ち伏せをしている敵に始末される状態は、こんな感じではないかと思いました。

 

 

もう一度この感覚を味わいたい

 

気が付いた時は死ぬ時という戦闘のイメージをもう一度味わいたいと思いました。

家内が来た時、ベーコン入りのエピを買って同じ場所で、同じ行動を何回かしましたが、トンビは接近もしてきませんでした。

話に夢中になって自然にレーダーを停止したあの時の状態にはできず、トンビは接近もしてきません。

野生動物は、レーダーを回していると確実に感じ取って行動することがわかりました。

家内は言います。
「あの時勝負がついてあなたはやられたでしょ。次はないのよ」

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみください≫
 
気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-
 
戦闘の参考になる映画「ハンテッド」
 
カモフラージュ(スカウトのスト―キング)
 
森の中での歩き方
 
森の中での動き方
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です