人前で話すポイント -耳に心地よいスピーチは人を満足させる-

人前で話すポイント -耳に心地よいスピーチは人を満足させる-

 

 

喉ごしのいいスピーチ

 

スピーチは、聞く人の耳にすんなり入り、人から称賛を浴びるには、聞いた話の喉ごしの良さが重要です。耳に心地よいスピーチは、人を満足させます。聴き手は何を望んでいるかを常に考え、時々上品な笑いが取れると、喉ごしの良さが続きます。内容は勿論重要ですが、聞きやすく話すことがポイントとなります。

喉ごしのいい話は、最初のインパクトが心地よく、初夏の気持ちの良い季節に静かな海を船のデッキで風を受け、青い空と海原を満喫しながらクルーズをしている感覚です。

喉ごしのいい話をするポイントは、「話す人の状態」、「会場の雰囲気作り」、「聴き手の望んでいる内容を提供しているか」、「笑いの効果」です。

いい話ができたかどうかの評価は、話を聞いている人達の拍手の量と笑顔です。

形式で行う拍手ではなく、自然に発生し急速に拡大する拍手は、聴き手の満足度と感謝を表します。

この状態の時、聞き手は笑顔になっています。

 

 

穏やかな空間を作る

 

話す人が緊張している状態だと、聴き手は一瞬で緊張状態を感じ取り、会場全体が緊張した空気となり、堅い雰囲気になります。

更に、緊張状態を継続したまま話を続けていくと、会場の空気が悪化し、次第にギスギスした雰囲気になっていきます。

まず、話す前、必ず鏡で自分の顔を見ることが重要です。鏡を見ることにより、自分の一番いい顔はどんな顔なのか確認できるからです。

あなたの笑顔や柔らかい表情が、聴き手を笑顔にし、穏やかな心にするとともに、会場の雰囲気を柔らかくします。

ゆったりした心は、上手い話術でよどみなく話をしようとするのではなく、素直に自分の心と言葉を使って、上手くはないが、伝えようと思うと気持ちが穏やかになり、ゆったりした心になります。

上手く話そうとするのではなく、自分の言葉で伝えようとすると、多少話で噛んでしまっても、人間らしくていい感じだと聴き手は感じます。

滑らかに話しても、心のこもっていない話は聴き手の心を掴むことはできません。

 

 

聴き手は何を望んでいるか

 

上手く伝えようとすると余分な説明や話が冗長になり話の焦点や伝えたい事がぼやけます。

本人は、上手く伝えたと思っていても、聴き手は、話の内容が薄く広くなり、話題が色々移っていくので何を話しているのか理解しにくく、心に響きません。

このような状態を続けていると、聴き手はだんだん疲れていき、話に興味が無くなり面白くなくなります。

自分が伝えたい事ばかり考えるのではなく、聴き手は何を聴きたいのか、何度も自分に問いかけ、自分サイドの視点から聴き手サイドの視点で話す内容をチェックすることが重要です。

次に、心に響く言葉を使い、話を簡潔にまとめます。

聴き手の望んでいる内容を心に響く言葉で分かり易く表現し、話す容を裏付け、印象に残るような「自分の経験」や「経験から得た教訓や知見」を話すと、実体験から得たあなた独自の話となり、具体的で聴き手の心を話に引き込むことができます。

 

 

伝えたい事や内容を凝縮させる

 

まず、伝えたい内容を話す前に頭の中でまとめます。まとめた後、話を伝える核心となる重要な部分を明らかにするため、核心に触れていない言葉を削っていきます。

核心となる話の内容が明らかになります。

次に、伝えたい内容をどのような言葉や表現を使うと聴き手の心に響くか、自分の頭の中で表現の仕方を選択し、心に注ぎ込まれる言葉を捜します。

内容を恐縮させた話と心に響く言葉を使い、自分の頭の中で何回もスピーチをするイメージトレーニングを行います。

詰まったりするところは、修正したり、思い切って削除し、自分の心に一番響く内容と言葉を使い完成させます。

自分の心が動く内容や言葉は、聴き手の心に響きます。

 

 

笑いは空気を撹拌しきれいにする

 

笑いは、集中して疲れてきた聴き手をほぐし、聴き手は笑うことによってもっと話を聞こうという気持ちになります。

笑うことによって会場全体の空気が動き、雰囲気が柔らかく新鮮な状態になります。

20分に一回程度、上品に笑える話ができると効果的です。

笑いをとるのはなかなか難しく、場数を積んで受ける話や話し方を磨いたり、人から学び取る必要があります。

幾つか、笑いをとれるアイテムを持っていると、いつでも「場面」や「空気」を変えることができるので有効です。

 

 

いい顔で動作を入れて話す

 

身振り手振りを入れると良いと言われますが、その通り重要なポイントです。

身振り手振りを入れると、あなたを見ている聴き手は、立って動かず話す静止画面から動きが出て画面が変化するため、時間が経過しても新鮮さが維持されます。

そして、身振り手振りにより、あなたの言葉が会場の奥まで飛ばされ聴き手の心に届きやすくなります。

更に、マイクを持って会場を歩けるのであれば、話の内容に合わせ、歩いて立ち位置を変えると、多くの聴き手に言葉が届き有効です。

最後まで、自分のいいイメージの顔の状態でいることを意識し、話を続けます。

 

 
≪次のブログも参考にお楽しみ下さい≫
 
あなたは、いらない人間になっていませんか?(不必要善とは)
 
「やってみて、言って聞かせて‥」に続く山本五十六連合艦隊司令長官の人を育てる名言
 
戦闘で負ける人間の思考法 -主観的な論理思考-
 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 人の心をつかむ一流のコミュニケーション技術「マジシャンの心理戦略」 | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 改革は「組織に対する挑戦」を克服しなければ元に戻る(第3ラウンド) | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です