30歳前半まで期待された人物が減速していくのは何故か

30歳前半まで期待された人物が減速していくのは何故か

 

 

基本性能は高いのに減速

 

説明に対する理解力が高く、不安定なところを迅速に見つけ指摘ができ、「このまま成長したら、将来が楽しみ」と思う基本性能の高い若手社員がいます。しかし、基本性能の高い社員も、ストック勝負をしていると、普通の社員か、厄介な社員になる危険があります。

ストック勝負をしている社員は、入社5年~10年後、光輝いたものが無くなり、将来性もしぼみ、実力は急激に減速し、周り集まっていた人達がいなくなります。

基本性能はいいのに、色あせてしまうのは何故でしょうか。

 

 

ストック勝負は長く続かない

 

入社時点のスタートラインでは、基本性能の高い社員は、人よりも抜きん出ていて良さがとても目立ちます。

基本性能を磨きチャレンジして力を付けていくと「ストック+積み上げ」になり、更に成長していきます。

しかし、抜きん出ている高い基本性能に頼って力を付ける努力をせず、いつまでも入社時の力だけで行動していくと「ストック勝負」になります。

入社当初からしばらくの間、周りよりも抜きん出ている自分の力にうぬぼれ、鼻が高くなり、プライドも高くなります。

5年も経過するとストック勝負で仕事をしているタイプは、「ストック+積み上げ」の社員に追いつき追い越されていきます。

「追いつき、追い越されたことを認める=プライドと優れた自分の否定」と感じ守りに入ります。

 

 

守りに入る

 

基本性能で抜きん出ていた自分が追い付かれ抜かれていくこと、「負ける」ことを自分自身で認めたくないため、自分が負ける状態を作らないように「後ろ向きの努力」を始めます。

守りとは、「できることだけやる」、「やったことをアピールする」、「不安な仕事は断る」、「出来そうにない仕事は他人に振る」行動です。

出来るだけのことをしてきた薄っぺらい経験を頼りに、上手く立ち回ろうとします。

高い基本性能が守りの態勢を作るので、当初有効に機能します。

入社7年から10年経過すると、周りの社員は、成長し、能力が向上していくため、仕事の範囲や深さがどんどん広がっていきます。

簡単な仕事も人に振ったり、断り、小さな土地を守り続けている人は、目立ち始め、問題社員として浮かび上がってきます。

 

 

今までやってきたことだけをやっている

 

自分を守るため、出来るかどうか不安に感じる仕事を仲間に頼んだり、後輩に振ります。

徐々に自分を守るため仲間に責任や小さな失敗を押し付けるようになります。

逃げられない失敗をしてしまったり、自分でできるかどうかわからない仕事を担当しそうになると、「正規に教育、研修を受けていないから、若いメンバーも私のようになる失敗したり不安になる」、「事細かな指示や細部まで示したマニュアルがないから」と反発します。

周りは、この程度の仕事も自分でできないのかと、呆れ、一緒に組んで仕事を敬遠するようになります。

入社10年が過ぎた段階で、入社当時の能力程度で、自分の出来るだけの狭く簡単な仕事をしている姿になります。

 

 

「ストック+積み上げ」は必ず勝ちます

 

ストック勝負では勝てません。基本性能が高ければ高い程、影響力が大きく、周りの社員へ伝染する可能性もあります。

ストック勝負をしないこと、有能な若手社員を成長させることが、個人と組織のためになります。

ストック勝負をする社員に気を付け、仕事への姿勢を修正をして下さい。

 

 
≪次のブログも参考にお楽しみ下さい≫
 
上司から見た伸びる部下のタイプ -将来成長する若手社員-
 
成長する部下、伸びる部下、将来楽しみな部下は仕事の価値を知っている
 
成長する部下や若手の共通点-仕事術ではなく正しい座標軸の必要性-
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です