部隊・チームの強さはどこに現れるか

部隊・チームの強さはどこに現れるか

※本記事のアイキャッチ画像は、永田市郎様から頂いた画像を使用致しました。

 

 

陸上自衛隊の2年ごとに実施する訓練検閲

 

陸上自衛隊の部隊は、2年に一回のペースで上級指揮官の検閲を受けます。検閲は、部隊の教育訓練をしっかりやり、事に臨んでは任務を達成できるようにしているかを直属の上司が行うテストです。検閲を受ける部隊長は、検閲に向けて訓練を積み重ね、厳しく練成していきます。

検閲が始まる前、検閲を受ける部隊全員が整列して直属の上司から訓示という検閲に対する考えを伝達された後、装備の点検を受け、実動訓練が開始されます。連隊規模になると1200名と500台近くの車両があるため、整列まで、30分近くかかります。部隊によっては1時間前に来て、装具の最終確認や必要な指示をして、準備を進めます。

 

 

並んでいる列を見た瞬間、レベルが分かる

 

師団長のスタッフである作戦幕僚は、この検閲を企画・実施をします。私は、いつも1時間前に部隊の整列している場所へ行き、部隊が並んでいる後ろの隊員達の状況を確認していました。ここで確認したものが、検閲の評価とほぼ一致するからです。

列の後ろはベテランの隊員がいたり、緊張感が前列の方に比べて低下していたり、30名~40名の後ろに並んでいるのでわからないだろうと気が抜けていたり、身体が揺れたりしがちです。

列の後ろがダラダラしている部隊は、やろうというモチベーションが低く、チームワークが悪く、隊員のレベルが低く、訓練が足りないとすぐわかります。検閲をしてもその通りの結果になります。

反対に、後ろの隊員までがきちんとして集中している部隊は、隊員のモチベーションが高く、一人一人の任務達成意欲が高く、苦しい時でも自然に皆が力を合わせて乗り越えます。

後ろまで、全隊員に指揮官の意思が伝わったチームになっているかが、列を見ることによりわかります。

 

 

小部隊の強さ

 

10名~30名の分隊から小隊という部隊では、彼らが集合している状態や話し合っていたり、装具を点検したりする行動を後ろから見ると、感じ取れます。

よく訓練をしており、レベルとモチベーションの高い隊員達が集まると、背中あたりから、ユラッユラッと陽炎のようなものが出て、彼らを覆っている感じになります。

あるレベルになると出てくるので、強く鍛え上げている部隊に接しているうちに、だんだんわかるようになると思います。

 

 

更に強い部隊

 

多くの部隊を検閲したり、師団長の訓練視察に同行している時、ユラッとするものを出す部隊を見つけた時、師団長へ報告します。

「師団長、あの部隊を誉めて下さい。よく訓練をしています」というと、「正門に入った瞬間、ここの部隊はいいなと感じた通りのものがあるようだね」と嬉しそうに笑います。

「futamiryu(著者)は、あいかわらず、よく訓練している部隊が好きだな」と言われ、「そうすれば、任務を達成して帰れますから」と答えると、「そうだな。では、強い隊員達に会いに行くか」と師団長は車を降りて行きました。

強い部隊の更に鍛え上げた部隊はどうなるのでしょうか。

このレベルになると部隊から発するオーラのようなものがほとんど出なくなくなります。静かな月が水面に映っているような感じになります。いつの間にか、強い部隊を見ると、モチベーションが上がり、物凄く嬉しく感じる自分がいるようになりました。

 
≪次のブログも参考にしてお楽しみ下さい≫
 
どのような部隊が強い部隊なのか
 
歩哨のレベルを見れば強さがわかる
 
新しい戦法を作る時の陸士の反論
 
休憩を適度に入れた方が効果的な訓練ができるのか
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: 歩哨のレベルを見れば強さがわかる | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です