40連隊と永田イチローさんとの訓練の記録がkindle本になります

40連隊と永田イチローさんとの訓練の記録がkindle本になります

 

 

kindle本のタイトルは

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない
     ―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』

 

です。

本の紹介を、毎日新聞社会部編集委員の瀧野隆浩さんに作っていただいています。紹介文の最初の部分ができました。

 

 

 『ここに書かれていること、「強くなりたい」とひたすら願った者たちの記録だ――防衛大学校を卒業し、新聞社に入ってからは自衛隊をテーマのひとつとして記者を続けてきた私は、二見さんのこの文章を一読して、まずそう直感しました。

憲法の制約からあいまいな存在のまま創設から60年以上を過ごしてきた自衛隊という組織。現場に立つ若い隊員たちが、「このままでいいのか/そこにある危機に対処できるのか」と強く思い始めたときに、米国籍を持つ(鹿児島出身)ガン・インストラクターの永田市郎氏(イチローさん)に奇跡的に出会い、その技術・スピリッツを学んでいきました。

福岡・小倉に駐屯する陸自40連隊から始まったそのムーブメントは、あっという間に、全国の陸自部隊に広がっていきました。

領海・領空の警戒監視という実任務を創設以来続けてきた海上自衛隊、航空自衛隊とは異なり、陸上自衛隊は、任務にリアリティを持つことが遅れていました。

しかし、冷戦終結後に頻発する民族・宗教紛争、そしてそれらを背景とした世界各地で起きる嵐のようなテロリズムの現実を見聞きして、現場の隊員たちは危機感を感じ始めたのです。

自分たちが受け継いできた戦術・思想・装備のままで対応できるのか、と。いや、変わらなくては負けてしまう、それでは国民の負託に答えられない、と。

初の「戦地派遣」となったイラク復興支援活動開始(2004年)の直前ごろから、陸上自衛隊は大きく変わりました。

思うに、それは、陸上幕僚監部という組織の中枢の号令一下の改革ではなく、現場の部隊の危機感から起きたものといっていい。その中心にあったのが、小倉の40連隊でした。

この文章は、その記録です。そして、私は、その目撃者であります。』

(続きは、kindle本が完成するまで、お待ちください)

 

 

kindle本完成予定

 

当時の訓練写真を可能な限り載せる予定です。7月までに完成する予定で進めています。

建物内の掃討訓練の中の「階段の戦闘」、突然戦闘が始まり、混乱している現場で、頭が真っ白になってしまった時の対処要領を訓練する「ガンビー訓練」は、今回初めて紹介する内容です。

当時の第40普通科連隊(小倉)の熱い炎と飽くなき強さを追及する隊員たちの記録をお楽しみいただけると思います。

また、戦闘技術の向上は、しっかりとした心の保持が重要となります。ミリタリー関係でなくとも、若い人達、一般の方にも読んでいただき、人生・仕事への姿勢作りに生かして頂ければこの上ない幸せです。

 

 

【平成29年6月11日(日) kindle本が完成】

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

関連記事紹介

2 Comments

    1. futamiryu

      多くの要因が絡み合い、現在、陸上自衛隊の練成訓練の状況は危機的な状況にあります。
      中央では、練成訓練の在り方自体から見直し、立て直す準備を進めています。

      しかし、危機的な状態にある部隊・隊員の意識の改革、訓練環境の改善は、待ったなしの状態です。

      本書により、多くの人の意識と行動が変わる「きっかけ」、「新たな改善のベクトル」ができることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です