長年連れ添っている夫婦が仲良く「ときめき」の時間を過ごす方法

長年連れ添っている夫婦が仲良く「ときめき」の時間を過ごす方法

 

 

夫婦で「ときめき感」を取り戻す方法

 

若い時は一緒にいるだけで、手を繋いでいるだけで、輝いた「ときめき」を感じた夫婦も、子供の受験が始まる頃になると、「ときめき」感が薄れていき、夫婦は、次第に人生を共にする大切な友人へ変化していきます。あの「ときめき感」を取り戻す方法はないでしょうか。

最近は、誕生日、クリスマス、ハロウィンから恵方巻まで多くのイベントがあります。また、イベントも商戦が絡み、あの手この手でいろいろな機会を作り楽しむ感じです。

確かにイベントは人が集まりワイワイ楽しいものですが、夫婦の「ときめき感」を感じる時間はあるのかというと、難しいと思います。

 

 

 

二人で楽しみにできることは?

 

子供の成長とともに、生活に無理のない程度でリーゾナブルに楽しめることが重要な要素になってきます。
高価で贅沢なイベントでは、リーゾナブル感に欠け、楽しくても夫婦の「ときめき」感は薄れます。
日ごろ家庭を預かっている奥様は、高価なものを欲しいと言いますが、実行動になるとリーゾナブルな楽しみを求めます。

「ときめき感」を感じるものは、あまり高くなく、夫婦で楽しみにできる内容に変わっていくからです。

キーワードは、「季節の楽しみ」です。

 

 

夫婦の「ときめき感」を感じるイベントを季節ごとに

 

毎年、初夏に夫婦で楽しみにしていることがあります。

フレッシュなトマトを3個以上使い、味付けはドレッシングとバジルのシンプルなものですが、これがとても美味で、1週間前から予約をしないと入れないお店があります。
家内が友人に紹介されてその美味しさに感動し、二人で食べたいということになり、夫婦で行くようになりました。

5月になるとトマトのスパゲティーをいつ食べに行くか、予約をそろそろ入れないと、今年のトマトの出来はどうかななど、会話が弾みます。

お店は、家から1時間半の場所にあり、ドライブにもってこいの距離です。自然豊かな街並みを見ながら、「もうそろそろ右ね」と、二人で会話を楽しんでいると到着です。

このお店は、できたてのフレッシュなコーヒーをお替り自由で楽しめます。ゆったりくつろぎながら、料理が出てくるのを二人で待ち、真っ赤なトマト満載のスパゲティーが出てくると二人で感動します。

大きなイベントではなく、贅沢なイベントでもありませんが、ドライブと食事という普通の行動の中、二人の会話が弾み「ときめき感」を感じる時間になります。

 

 

ランを楽しむ

 

毎年2月に東京ドームで開催される「世界のラン展」も夫婦の楽しみの一つです。

世界各地のランを見ながら、二人でコメントをしながらゆったり時間を過ごし、帰るまでに格安で販売されているランを見ながら、どれを家に連れて行こうか二人で話し合います。

毎年、2月は世界のラン展、6月はトマトスパゲティー、自然の恵みの多い秋は蓼科高原など、夫婦の季節の楽しみを設定しています。

それぞれの季節で夫婦の楽しみを作り、「ときめき感」を是非楽しんでみて下さい。

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です