親子で楽しむネイティブアメリカンのサバイバル技術

親子で楽しむネイティブアメリカンのサバイバル技術

 

 

自然は人間の心を治癒する

 

川口氏著「キャンプでやってみる子どもサバイバル」は、間合いの近い人間関係やネットに入り込んでいる子供と、自然との触れ合い方が得意でないパパ、ママにも「自然との付き合い方」を優しく説いてくれます。キャンプの楽しみが深まります。

近頃、子供たち、その親も含め、自然に触れ楽しむ機会が少なくなっています。

都市部では、自然と触れ合う場所が身近に無くなりました。近年キャンプによって自然と触れ合う人が増えています。

自然の中で生活するキャンプでは、日暮れまでにテントを張り、焚き木を準備したり、手際よく協力して行動する必要があります。

夜は、自然の中に身を置き、焚火を見つめたり、星空を眺め、騒音のない静かな世界でゆったり過ごします。

真っ暗の中、赤く燃える焚火の炎とパチパチ燃える音を聞いているだけで、心が癒されていくのを感じるものです。

川のせせらぎの音を聞きながら、シュラフに入ると、いつの間にか、気持ちの良い睡眠の世界に連れて行ってもらえます。

朝、日の出とともに、清らかで澄んだ空気に満たされた場所で気持ちの良い目覚めができます。
普段の生活や都会では味わうことはできません。

キャンプや自然と触れると、自然には、『人間の心のコリをほぐす』力があるのを感じます。

 

 

ネイティブアメリカンの自然で生きる術を身に付ける

 

ネイティブアメリカンの教えを受けた川口拓氏は、「自然に触れる」次のステップである「自然に溶け込む」こと、「自然の懐の中で行動する」ことを教えてくれます。

特にサバイバルとトラッキングは、川口氏の得意とする分野です。

今回、著書は、子供のサバイバルについて、子供の親も楽しめる内容です。

「アウェアネス」や「トラッキング」という本格的な用語も分かり易く、いつの間にか理解してしまうように使われています。本格的な内容を易しく表現した本でもあります。

 

キャンプでやってみる子どもサバイバル
キャンプでやってみる子どもサバイバル

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
森の中での行動 -匂いの特性と溶け込み方-
 
カモフラージュ(スカウトのスト―キング)
 

 
【kindle本が出ました】
 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です