『40連隊に戦闘技術の負けはない』が画像を増加し待望の紙の本になりました

『40連隊に戦闘技術の負けはない』が画像を増加し待望の紙の本になりました

 

 

紙の本を手にする喜び

 

kindle本のプロトタイプを見たOTSの畠山氏が即座に、「紙の本出しましょう。うちでやりますよ」と言い「もっと写真を載せましょう」とアドバイスも頂き、その瞬間、紙本化が決定しました。限定された部数ですが、写真も多くなり、写真だけ見ていても心が燃えてくる感じです。

そして、遂に完成しました。

写真も数十枚追加し、説明も加えました。写真から得られる情報は多いためか、本全体に躍動感が出てきた感じがします。

そして、紙本という『物』になると、質量があり、モノ作りをした実感が湧いてきます。

kindle本と紙本という二つのツールで、自分の経験と知識を伝えることができる喜びと、多くの人の協力によって成し得たことへ感謝している次第です。

 

 

 

長谷川朋之氏の提案

 

ガンインストラクターの長谷川朋之氏から、「何千枚もある写真をピックアップして、写真集を作ってはどうか」と言われました。

写真集だけではどうかなと思っていましたが、当時の写真を見て、長谷川氏の言う訳がわかりました。

当時の写真を見るだけで「あの時の、あの場所で、彼らは……」と、鮮やかによみがえってくるからです。

写真は、喋りませんが、当時真剣に取り組んだ訓練はもとより、日々隊員とともに戦いのに明け暮れていたことを伝えてくれます。。

 

 

 

隊員の顔、目を本当は見て頂きたい

 

訓練に臨む隊員は、真剣そのものでした。
実戦に強くなるためには何でもどん欲に吸収していく姿は、毎日私の心を揺らしました。

その真剣さは、表情、特に『目』に現れます。

隊員一人一人の真剣な目を見るだけで、全てがわかるほどです。

現在、個人情報の保護があるため、掲載できないのが残念です。

 

 

タクティカルプロショップ・エリート

 

紙本は、自費出版のため、一般の流通には載りません。

紙本を手にすることができるのは、『タクティカルプロショップ・エリート』のみになります。

 

 

【kindle本が出ました】

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

関連記事紹介

4 Comments

  1. @HENLLY

    遅ればせながら本日、まとまった時間が取れましたので一気に読ませて頂きました。必要な戦術を大変なご苦労の下、体得されていったプロセスの内容自体もさることながら、訓練を受ける側も講師のスキルを一瞬にして見抜くという部分が会社生活のわたしには響きました。
    これは陸上自衛隊という特別な組織の話しには止まらず、会社組織を強いものにしたいと考えている人にもたくさんのヒントがあると思いました。イチローさんファンの方や国防、自衛隊訓練にご関心のある方だけではなく、広く社会人の方々にも読んで頂きたい内容だと感じました。

    1. futamiryu

      組織として重要な投資は、人材への投資だと思います。

      @HENLLY様の「会社組織を強いものにしたいと考えている人にもたくさんのヒントがあると思いました…… 広く社会人の方々にも読んで頂きたい内容だと感じました」

      嬉しいコメントありがとうございます。

      多くの一般社会人の方にも読んで頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です