パパママ世代の地震や災害発生時のリスクを改善する方法

パパママ世代の地震や災害発生時のリスクを改善する方法

 

 

パパママ世代の災害発生時の心配

 

小さいお子さんを育てながら働いているパパママは、毎日大忙しです。災害対応について、パパママ世代と話をすると、「災害時のリスクを感じながら生活している」ことがわかります。
昼間職場にいて家にいない時に災害が発生した時、家族、小さい子供さんをどのように守るか切実な問題となります。

東日本大震災の教訓から、大きな地震が発生した場合、首都圏では、企業内備蓄をして帰宅困難者の移動を抑制する施策が進んでいるため、職場からすぐには帰れない状態になります。

交通機関がマヒをしたり、橋の通行ができなくなると、すぐに子供さんを迎えに行くことが難しくなります。
ライフラインがダウンし、スマホが通じにくい状態の時、連絡が難しくなります。
両親ともに働いている場合又は、パパママどちらかが働いている場合でも、「子供の安全は誰ず確保してくれるのか」、「自分達は何処で合流するか」、「子供さんを引き取りができない場合どうするのか」、切実な問題となります。

 

 

漠然とした思いは形にする

 

直下型地震で生き延びるには

 

 

「誰かが助けてくれるだろう、市町村などの行政が助けてくれるだろう」と漠然と思っていても、自分の家には、保育園と小学校に通っている子供がいて、何処の保育園にいるのか、何処の小学校にいるのか、お父さんは何処へ働きに行っているのか、家族以外の人はわかりません。

助ける側に情報が伝わっていると、安否確認や避難所での安全確保や家にいる子供さんの面倒をみるような、災害時の安全確保が可能になります。しかし、情報が家族限りの場合、災害時の安全確保は、難しくなります。
助ける側が、どこで何をしたらいいか、日頃からの顔の見える関係もなく、誰だかわからないからです。

もう一つ、「正常性のバイアス」がはたらき、災害時のリスクに如何に向き合うか考えないようになります。
正常性のバイアスとは、今まで家族が困るような大きな災害が起こったことがないじゃないか、これからも大きな災害の起こる可能性は極めて低く大丈夫であろう、というものです。
ある面、厳しい状態でも精神がへこたれず持ちこたえるプラスの機能ですが、災害への備えという観点では、マイナスに作用します。

 

 

町会や自治会の悩み、如何に安全を確保するか

 

では、視点を変えて、町会や自治会は、どう考えているのでしょうか。
町会や自治会の人達は、災害時、地域の人の安否確認や避難誘導、避難所生活の運営などを行い、町会・自治会の人達の安全を確保しようと考えて活動を続けています。

困っていることは、パパママ世代や働き世代の若い人たちとの連携ができないことです。
どうすれば、パパママ世代と接点を持つことができるか、顔の見える関係を作れるか、お子さんたちをどのように助けたらいいか、考えているのですが、実態が進まない状況です。
更に、町会や自治会へ入ってもらえないので若い世代の状況がわからないところと、あまりにも町会費を払っていない人が多くなると、経費的に町会費で購入した物資を払ってない人へ配ることが難しくなります。

町会や自治会は、災害対応を確実に行うため、パパママ世代や働き世代との連携を求めているのです。

 

 

町会・自治会に入ることによって地域力発揮

 

町会・自治会に入ると、電灯の維持やゴミ捨て場の掃除などの当番が回ってきたり、町会費を払わなければなりません。

このため、若い世代は、町会や自治会へ入らない傾向があります。

災害時のリスクを回避することができるものと捉えてはいかがでしょうか。
町会に入り、近くの人や防災リーダーの役割を持つ人へ子供の状況や、災害時すぐには帰れない家の事情、家族の集合場所を優先順位3番ぐらいまでを伝えておくことによって、災害発生時のリスクを地域の人の協力を得て回避することができます。

自分達の命を守ることを「自助」といい、地域の人が助け合うことを「共助」といいます。
大きな災害という敵に対して、地域、行政、企業一丸となって戦わなければ克服することはできません。
共助の力を活用するためには、町会・自治会に加入することが大切です。加入することによって、顔の見える関係が進みます。
町会費も、災害発生時の掛け捨ての保険費用だと思えば大変リーズナブルなものと捉えることができます。

町会や自治会にとって、町会費を払っていない人へ町会の災害用備蓄を使うことは、町会の人は納得するのか、連絡が取れない働き世代や、接点を持ちにくいパパママ世代との連携が進みます。

町会や自治会に加入することによって、パパママ世代と町会や自治会、地域が一体となった災害対応を進めることが可能となります。

将来を担う子供さんは地域の宝物として、平常時から災害時までシームレスに見守り、安全を確保していくことが大切だと思います。

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
危険な災害現場で自衛隊が損害を出さない理由
 
【災害派遣】すぐに集まってチームを組める組織の強さ(地震発生直後偏)
 
水を得て、10日間の食糧の確保は難しくない、都会のサバイバル
 
急な土砂災害、2階以上で寝るか、2階へ移動する判断が生死を分ける
 
氾濫した時の水はどんな汚水か知っておく必要がある
 
熊本地震の特性、余震の連続と避難行動、どのようにすればいいか
 

 
 

【kindle本が出ました】

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめり込む姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です