オオクワガタ能勢YG血統を飼育する環境ができる-息子からの嬉しいプレゼント-

オオクワガタ能勢YG血統を飼育する環境ができる-息子からの嬉しいプレゼント-

 

 

能勢YG血統を手に入れる

 

息子からのプレゼントされたオオクワガタ能勢YG血統の成虫1ペアと幼虫4頭を見ながら満足そうにしていると、「これで飼育が楽しくなるでしょう」と言われ、来年が楽しみなことを伝えた後、オオクワガタの飼育は、結果が出るまで1年かかり、飼育環境を菌糸からマットにするので、2年~3年かかること、更に幼虫は当たりハズレや羽化後成熟に必要な時間を考えると、子が取れるまで結構な期間が必要になる話をしました。

そして、種親を複数以上保有できれば、自分の好きな系統が作れることを話しました。

息子たちは、フーンそうなんだという感じで聞いましたが、「あと何ペアいればいい」というので、「違う系統を2ペアあれば系統を整理し、新しい飼育環境にすることができるよ」と答えると、「そうなんだ」といって自分の部屋に戻っていきました。

 

 

次々に到着するサラブレッド血統

 

1週間後息子から「ヤフオクで能勢YGのオオクワガタのオスとメス2匹ずつとれたよ。近いうちに来るから」とラインで連絡が入りました。
「大きさは」と確認すると、「オス84㎜以上、メス54㎜以上」と返ってきました。

今迄のマット飼育の結果から、菌糸ビン飼育で作れる成虫よりも2㎜大きさが出ないのがわかっています。

83㎜~84㎜の種親ならば、マット飼育で80㎜以上のオスを出せるのではないかと思います。
モチベーションが上がります。

数日後、およそ自然では生き抜いていけないような、巨大で分厚いオオクワガタたちがやってきました。
83㎜以上のオスや54㎜以上の大きさのメスは、見ていて飽きません。やはり、大きさは形を凌駕する魅力があります。

累代飼育によって、多くの巨大オオクワガタが作出できたら、さぞ壮観な状態になると思います。

 

 

系統の整理

 

同じ系統を10年以上続けていて一定の成果が得れているので、能勢YG血統を中心とした飼育へ移行するため、血統を整理することにしました。
息子の突然のプレゼントによって、オオクワガタ飼育は、大きな転換期を迎えることになりました。

来年はかなりの量を飼育することになりそうです。

 

 

菌糸ビン飼育からマット飼育への移行

 

菌糸に慣れているオオクワガタの体内バクテリアが、マット飼育へ順応するのにどの程度かかるか。久し振りにチャレンジすることにしました。
今迄のデータでは、
切り替えた次の年は、大きさは出ず、幼虫が多くとれる。
2年目になると形が整い始め、少し大きさが乗ってきます。
3年目に大型が出るようになります。

能勢YG血統では、どのような状態になるか、本腰を入れてチャレンジをしていきたいと考えています。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
オオクワガタデータ飼育 -飼育に与える温度の影響と温度管理-
 
オオクワガタデータ飼育 -系統の重要性と楽しみ方-
 
オオクワガタを通常よりも1㎜から2㎜大型にする新聞紙を使った飼育方法
 

 

【kindle本が出ました】

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

 

 

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. 匿名希望

    息子さんが粋ですね。 

    話は変わりますが、メスの早期羽化だけをさせる環境させるなら、大掛かりな温度管理環境はいらないかもしれません。

    自分の試した感じでは、大きめのBOXの底にピタリ適温をいれると、春~初夏ぐらいの時期で28℃~30℃ぐらいにはなっていました。

    もちろん箱の大きさ・気密性、外気温、熱源のワット数などに依存しますが、ホームセンターで売られている、適度なサイズの発砲野菜BOXに適切なワット数のピタリ適温をいれると、おおむね任意の温度がでるのではないかと思われます。

    このBOXにメスを入れておけば、たぶん早期羽化はできそうです。 問題は、電気代ですね。

    1. futamiryu

      メスの早期羽化については、本気で進めようと考えています。

      メスの幼虫が2本目で10g後半が出たら、大型を狙える良い感じのメスが手に入る可能性が高いですね。

      情報提供ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です