パワースポット高尾山の護摩焚きで新年を迎える-大満足の初詣の仕方-

パワースポット高尾山の護摩焚きで新年を迎える-大満足の初詣の仕方-

 

 

心が洗われるパワースポット

 

初詣は実家の近くの氏神様から始まり、2日に高校時代の親友と高尾山に行くのが恒例となっています。最近高尾山の人気が上がり、9時30分高尾山口駅に集合した時点で大賑わいの状態です。護摩焚きが終了した直後にお堂へ入ると、正面はいっぱいですが、側面は一番前に座ることができ狙い目です。手を伸ばすと修験者(山伏)に届くほど近くで見ることができます。
高尾山は、東京都の西に位置し、ハイキングや初詣、小学校の遠足など昔から人気があります。山頂に上がると都心が一望できます。
空気が澄んでいて、杉の大木を見ながら薬王院へ山道を登るだけで、清められる感じがするパワースポットでもあります。山頂では、修験者(山伏)が修業が行なわれています。

また、高尾山は、天狗が有名です。参拝した多くの人が、天狗のうちわを手にして帰ります。

 

 

 

薬王院へ向かう

 

護摩焚きの1時間30分前に駅に到着できるように計画をするとスムーズにいきます。昼近くから夕方まで混むため、午前中か、15時以降が狙い目です。
護摩焚きを11時に行おうと考えたら、9時30分に高尾山口駅に到着するようにします。山頂に上がり、護摩焚きの受付をして、お参りをして、10時30分からお堂に入るようにします。

高尾山口駅を降りたら、リフト乗り場へ向かいます。ケーブルカーは、長い列ができていてかなり待つので、リフトを使います。リフトは空いていてすぐに乗れます。
清々しい空気を肌に感じながら、景色を楽しみながらリフトに乗っていると山頂に到着します。
山頂から都心を眺めると、今年は、金色に光る素晴らしい景色に出会いました。

山頂から歩いて10分で薬王院前に到着です。

 

 

護摩焚きへ

 

護摩炊きの受付がすぐ目に入ります。
護摩焚きは、3000円から申し込めます。願い事は一つです。
受付を済ますと、薬王院の紙袋を頂けます。この袋を持っていると、参拝の列に並ばなくても、お堂へ別の経路で行くことができます。ディズニーランドのファストパスを持っている感じです。
参拝をしているとお堂へ入場可能な時間になります。お参りを素早く済ませるのがポイントです。

例えば、11時からの護摩焚きなら、前の祈祷が終了する10時30分から入場ができます。
素早く入場して下さい。直ぐに正面は埋まってしまいますが、両横はあまり人が入っていない状態です。

両横や大太鼓の前は、遮蔽するものがないので、正面よりも護摩焚きが良く見えます。

畳の上に座り、数分すると、掃除が始まります。
護摩焚きをすると多くのすすが飛ぶため、5名の人がすす払いや拭き掃除を始めます。きびきびした動作を見ているとそれだけで、心が洗われる感じがします。
15分前になると、修験者の説法が始まります。
「手を合わせるということは、神様と周波数を合わせる行為です。お願い事をしたら、全面的に神様に頼るのではなく、自分も一歩前に出る努力をすることが大切です」、「1月、5月、9月は護摩焚きに適した時期です」という話を聞きました。
ありがたい話が終了すると、護摩焚きの開始の時刻になります。

護摩焚きは、ほら貝の音が合図で開始されます。
7名以上の修験者がほら貝を吹きながら、11~15人の修験者が入場してきます。袈裟は、紫色、えんじ色、橙色の種類があります。
中央に座った修験者は、お経をあげながら、護摩焚きの準備を進めていきます。
炎が高々と上がると護摩焚きが始まります。
護摩焚きが始まると、太鼓が威勢良く叩かれ、ほら貝が吹かれ大きく場が盛り上がります

護摩焚き10000円コースを申し込む人だけ願い事が2つでき、修験者の高位の者が丁寧に火にかざします。
そして、護摩炊きの最中に名前を読んでもらえます。なおらいにも参加できます。なおらいを希望しない人は、御神酒を頂けます。

毎年、護摩焚きの間、気合を入れて正座で臨みます。
例年所々で、動けなくなった人が手をついて反省のポーズをしているのを見かけますが、今年は誰もいませんでした。
足のしびれは、立つ時だけではなく、立ち上がり数分するとやってきて動きを止めますが、お堂をゆっくり一周しているうちに徐々にしびれが消えていきます。

緑色の梵字のお守りを堂内を回ってる時、全員頂けます。別の修験者から、いい香りの香を頂き、手で伸ばして体に塗りながら飯綱大権現の前をお参りし、木の札を受け取って外へ出ます。

高尾山は、天狗のうちわが有名で多くの人が、護摩焚きの帰りに買っていきます。外に出るといつの間にか、人、人で動けないほどの混雑になっていました。
12時近くになると、参拝の列は1時間待ちの長い列ができます。

 

 

御神酒を飲みましょう

 

祈祷が終了したら、リフト乗り場へ向かいます。
都心を展望できる場所で枡酒が飲めます。
行きの時に見た金色に光る景色から、雲一つなくすっきり遠くまで見通せる状態になっていました。

素晴らしい景色を見ながらの御神酒は格別の味です。

枡は、持ち帰ることができます。2杯目は350円とリーズナブルな価格のため、おかわりをしてしまいます。

 

 

蕎麦屋さんでお神酒追加

 

大きな杉の木を見ながら、リフト乗り場に行くと、30名ほどの列ができていて、昼前から混みだす時間帯になってきます。

リフトで景色を楽しんだ後は、参道の御蕎麦屋さんで昼食です。今年は、生酒が置いてある店で、2合ほど御神酒を追加してしまいました。

新年から、上機嫌状態です。親友との会話も弾みます。

来年は、歩いて登ろうと約束して、親友との初詣は終了となりました。

 

 

【次のブログも参考にお楽しみください】

 
大人を楽しませる築地の魅力
 
最近気に入っている初詣の地、高尾山、成田山
 
健康の基本は、身体が喜ぶ旬のものを使った料理- 深い赤色の冷製トマトパスタ -
 
夫婦の会話が自然に続く一寸した二人の約束 ー運命共同体としての夫婦ー
 
 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です