各種テロ対策、危機管理マニュアルの役立つ内容

各種テロ対策、危機管理マニュアルの役立つ内容

 

 

ホテルで火事に遭遇

 

ここでは、基本的な行動を紹介します。その時の状況に合った行動を選択してください。
眠っている時火事にあったら、ベッドから飛び起きると、火事により発生した有毒ガスと高熱にやられる可能性があります。ガスと高熱は高い所へ登っていくので、ベッドから飛び起きた瞬間に、有毒ガスを吸い込んで意識を失う恐れがあります。ベッドから転げるようにして床へ移動し、伏せてほふくをしながら脱出します。

ほふくをしながらドアへ向かい、ドアを触ってみてドアが熱ければ、そのドア開けないようにします。ドアが熱くなければ。少しずつ開けます。有毒ガスが充満しているかもしれないため、どのドアも慎重に開けて脱出します。

火事で焼け死んだ人の多くは、ドアを開けた時の炎と有毒ガスにやられて命を落としているからです。

火事になってからいかに早く逃げ出せるかが命の分かれ目になるため、脱出ルートを常に頭に入れておく必要がある。手には消火器と毛布を抱え非常口へ向かえるようにしておきます。

 

 

車は銃弾が貫通する

 

銃弾が簡単に貫通してしまい、ガソリンタンクに火が付くかもしれないので、車は遮蔽物としては使えません。映画では、ドアを防護盾のようにして撃ち合いをしていますが、普通の車は役に立ちません。防弾板が無ければライフル弾は止められません。

車が遮蔽物として使えるところは、エンジンのところぐらいです。車をあてにせず、外の遮蔽物へ一気に移動し、コンクリートの壁を防護壁にします。

 

 

誘拐された場合

 

相手の反感を買わないようにすることが重要です。
言い争ったりせず物腰柔らかに対応します。刺激したり、不審な行動をしたり、変わった動きをせず、余裕をもって接するようにします。トラブルメーカーとみられると真っ先に犠牲になります。

イライラした仕草や甲高い声は相手を刺激します。静かに穏やかに接すると相手も心を許し、取り扱いが良くなります。そして、水や食料を要求します。薬が必要なら薬を要求します。

 

 

誘拐犯との人間関係を築く

 

誘拐犯との人間関係を作るポイントは、「理性的で、トラブルを起こしそうにない人物のイメージを作る」、「落ち着いた態度をとる」、「できるだけ会話をするようにするが、言い合いをしない」、「誘拐犯から何かをされたら、感謝の気持ちを示す」、「我々という言葉を使用し、誘拐犯と共通の関心を持っている風を装う」などがあります。

拘留中は、気力を保ち、可能ならば簡単な運動を行い健康維持に努めます。

普段の状態ならば、当たり前と思う事でも、いざその場になると正常な判断が難しくなります。日頃から各種危機や災害発生時に関する知識や対策を考えておかないと動けません。

時間に余裕がある時、危機管理に関する本を読むことをお薦めします。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみください】

 

急な土砂災害、2階以上で寝るか、2階へ移動する判断が生死を分ける
 
専守防衛の日本に適している「民間防衛」を根付かせる北朝鮮の弾道弾ミサイル
 
水を得て、10日間の食糧の確保は難しくない、都会のサバイバル
 
災害で怪我をしたら何処へ行けばいいか
 

 

テロ対策ハンドブック
テロ対策ハンドブック

 

完本 危機管理のノウハウ
完本 危機管理のノウハウ

 
 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です