トップダウンでいくかボトルアップでいくかを決める基準

トップダウンでいくかボトルアップでいくかを決める基準

 

 

使える時間によって判断

 

トップダウンを好むか、ボトムアップを好むかは、指揮官の個性の表れといえます。
 では、トップダウンでいくか、ボトムアップでいくかの判断は、如何にすべきでしょうか。行動して結論や効果が出るまでの間、使える時間はどの程度あるかがポイントとなります。
 皆で会議を開いて検討する間がない場合、準備のために使用できる時間が限られている場合等、使える時間が少ない状態では、トップダウン方式が適しています。
 時間に余裕がある状態では、各部門との連携を図り、しっかりした検討、計画の作成、準備を行えるボトムアップ方式が適しています。

 

 

新入社員、ベテラン社員によって伝え方は異なる

 

 新入社員には、指示を出すだけでは、知識と経験が不足しているとともに、理解できないことが多いため、研修や説明し、やってみて、やらせる方式が適しています。
 やるべきことを示し、確実にやらせることが重要となります。
 
 ベテラン社員へは、目標を示したり、アウトプットイメージ、期限を示し裁量の余地を与える方式が適しています。

 聞くと、当たり前だと思いますが、常に社員のレベル、経験の程度について、留意することが必要です。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
心を大きくする方法-いっぱいいっぱいになってしまう心の改善方法-
 
頭が真っ白になってしまった時の回復方法
 
成長する部下、伸びる部下、将来が楽しみな部下の行動とは
 
改革を阻む居心地のいいコンフォートゾーンからの脱出
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です