kindle本発刊しました『天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯採集記-』

kindle本発刊しました『天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯採集記-』

 

 

オオクワガタ採集のための活動ベースを確保

 

かつてのオオクワガタ有名産地、山梨県韮崎一帯で天然のオオクワガタを求めた採集記が完成しました。本書は、「1年を通じた採集記」、「採集幼虫のその後」、そして、「20年前同じ場所で体験した採集記録(加筆)」の3部で構成されています。

親戚と会食の機会があり、雑談の中で韮崎一帯のオオクワガタ採集の話をしました。すると、今は使用していない叔父夫婦の家が、その地域の真ん中にあり、従妹が時々空気の入れ替えに行くという話が出たのです。
即、お邪魔してもいいか聞いてみると、「いつでもいいよ。気に入ったら、買い取ってくれてもいいよ(笑)」と快く了解をもらいました。

 

 

韮崎一帯オオクワガタ採集開始

 

最近、LEDライトの出現により灯下採集のできるポイントが激減し、桧枝岐の灯下採集は、そろそろ見切りをつけた方がいいかなと考え、代替地を探していました。

しかし、桧枝岐ほどの深い自然と温泉のある場所がそう簡単に見つかる訳もなく困っていたところに、絶妙のタイミングでした。 

採集の重点をどこに置くか探していた、そんな時に、新たな採集場所として山梨県韮崎一帯に設定することが可能になったのです。人生いいことがあるものです。

オオクワガタの採集を始めて25年の節目に大きなチャンスが回ってきました。近いポイントは、歩いて行ける理想の場所です。しかも、温泉も近くにあります。

次の週、従妹に採集予定日を連絡すると、対応可能との返事がきました。早速お願いし、7月中旬のクワガタの一番採れる「海の日」の前後に韮崎市一帯のオオクワガタ採集が実現することになりました。

 

 

採集した気持ちになる採集記

 

 オオクワガタの成虫が活動し始める時期になると、オオクワガタ採集記や書籍を読みたくなり、雑誌やネットで楽しんでいます。そして、採集している人に同化して読むというよりは、一緒に採集を楽しむ感じで味わいます。

今回、採集場所のど真ん中の家を宿泊場所に使用できるビックチャンスを機に、一緒に採集している気分になる採集記を作ってみてはどうかと考えました。

リアリティーを出すために画像を多くし、採集ポイント全体の環境やどうしてこのポイントに狙いをつけたのか、歩きながら何を考えているのか、四季でポイント一帯はどのような変化をするのか、そして、過去はどのような状態で採集できていたのかなど、採集しているイメージがよりリアルに浮かび上がる採集記にしたいと思いました。

 

 

 

 

天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-
天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
山梨県甲府一帯オオクワガタ採集裏バージョン -水を食べる食感『水信玄餅』-
 
オオクワガタトラッキング採集編1 -山梨県甲府地域(その1)-
 
オオクワガタトラッキング採集編2 -山梨県甲府地域(その2)-
 
巨大オオクワガタデータ飼育 -マット飼育で78ミリのオスを出す-
 
最高に沢山怒られた日 オオクワガタ脱走事件
 
熊本での一晩300匹以上のカブトムシ採集
 

 

 

【オオクワガタkindle本】

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です