陸上自衛隊の戦術で「お手上げ」、「打つ手がない」とはどのような状態かを知る

陸上自衛隊の戦術で「お手上げ」、「打つ手がない」とはどのような状態かを知る

 

 

陸上自衛隊の幹部のお家芸

 

 陸上自衛隊では、戦い方や部隊の運用を習得するため、「戦術」を学びます。戦術能力は幹部の能力と評価されます。戦術は、幹部のお家芸といわれています。幹部候補生から戦術教育が始まり、幹部自衛官の間、継続して学びます。若手幹部にとって、戦術能力の向上は必須と言えるほど重要な位置づけにあります。戦術は、地図上で行う「図上戦術」、実際の場所で行う「現地戦術」、白紙に自ら考えた戦場を描く「白紙戦術」があります。
 
 戦術は、戦いの原則や定石を学び、徐々に応用に進んでいきます。幹部候補生時代に戦術の基礎教育を受け、陸上自衛隊の幹部になり6年を過ぎると幹部上級過程で戦術を重視した教育を受けます。将来の高級幹部を育成するための選抜試験にも、戦術の試験課目があります。戦術能力を一定のレベルまで上げなければ、高級幹部への道は開きません。

 富士の普通科の幹部上級過程で白紙戦術の教育を受けている時、とても印象に残る教育を受けました。白紙戦術を学ぶ教育の時だったと思います。作業をした後の教官の好評の言葉でした。

 この日、教官から「作業時間30分、防御でお手上げになった状態の絵を書きなさい。作業開始」と課題を出されました。
 各学生は、白紙に、等高線、道路、河川、畑・田んぼを記入し、自分の考えたお手上げの防御の状況を表現するための地形を書きます。その後、地形上に防御陣地の記号を入れ、どのような防御を行っているかを表現します。

 戦術では、戦車は◇というように地雷原などの障害、陣地、指揮所など全て記号で表示します。そして、味方は青色、敵は赤色と色分けして表示します。

 お手上げという言葉が結構曲者でした。完全に負けた状態では負けた状態になるのでお題に会いません。危なそうな状態だと、お手上げではなく、対抗策をどんどん打ち出し防御を立て直すべきです。
 
 どの場面を捉えればいいのか、今一つしっくりしないまま、時間が過ぎていきます。

 30分経過すると教官の「作業やめ」の合図があり、課題提出となりました。

 

 

予備は30%保持する

 

 教官は、学生の作成した課題を見ながら、「味方の陣地に敵の戦車部隊が突入し、第一線陣地が崩壊した図か」、「これは、大きく迂回され、補給品・整備を行う段列地域に敵の進出を許してしまった図だな」、これは凄いぞ「防御陣地が全部やられてしまった図が出てきた」と同じような考えの案をグループ化しています。

 グループ同士どうしてこの場面を選択したか、発表・討議を行います。討議が活発に進むように教官は、学生案を否定するようなことをせず、うまく討議を運営してくれました。

 教官の上手い進行によって、なんだか、自由に発想し、討議ができ清々しい気持ちになったところで、教官の講評の時間になりました。

 教官は、静かに語り始めます。「お手上げとは、打つ手がなくなった状態だと自分は考えている」と言い、「通常予備は何パーセントとるのかな」と学生に質問します。

 「30%です」と返ってくると、「使い果たしたらどうする」と更なる問いが出ます。
 「戦闘している部隊から、戦闘員を抽出して予備隊を新たに編成します」と学生が教範とよばれている教科書に載っている内容を答えました。

 「戦闘している部隊から、戦闘員を引き抜いて編成した急ごしらえの部隊では、予備隊として使用してもすぐに消耗してしまうだろうな」
 続けて教官は、「新たに編成した予備隊も使い果たしたら、どうする」とさらに厳しい状態での判断を求めます。

 「さらに新たな予備隊を編成します」と答えが返ってくると、「人を抜いてばかりいたら、戦闘部隊自体がもたなくなり、防御が崩壊するだろうな。こうなったらどうする」なんだか手詰まりの状態になってきました。

 

 

お手上げの状態

 

 学生が打つ手が無く困っていると、「これが防御におけるお手上げの状態だ。予備を使い果たしたら、打つ手は無くなる。陣地を放棄して、交代するにも交代を援護する予備部隊が必要となる」と説明を受けました。本質を突いた説明は全て心に吸い込まれていきました。

「では、これで終わろう」と教育が終了しました。この時、カッコいいな教官と純粋に感じました。

 予備の重要性と運用に関する教育は、今でも鮮明に私の心に残っています。

※ 『陸上自衛隊の戦術で「お手上げ」、「打つ手がない」とはどのような状態かを知る』
   は、公開しているブログに加筆修正を行ったものです。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
陸上自衛隊の戦術能力とX JAPAN、YOSHIKIの楽譜を読む能力の関係
 
米陸軍と陸上自衛隊の根本的な違い『実戦を通じ進化を続ける強さ』
 
奥の手を5つ持ち、相手の心と行動をコントロール下に置いて戦う方法
 
直感を信じるか、信じないか
 

 

 

 

【kindle本が出ました】
 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です