出る杭は打たれるが、出過ぎた杭はどうなる

出る杭は打たれるが、出過ぎた杭はどうなる

 

 

出る杭と出過ぎた杭

 

出る杭は打たれるという言葉には色々な意味があります。「周りがお互いに協力しながら進めているのに、自分勝手にやっていないか」、「一人だけ目立ち過ぎで調子に乗っていないか」とか「あいつばかり儲けているから潰してやれ」や「これからもっと成長して脅威になるので、今のうちに潰しておこう」という捉え方ができます。もっと色々あると思いますが押さえつけられてしまう訳です。

肩を並べるほどの実力や、やや強いほどの状態では、出る杭は打ちやすいし、少し強くとも、皆で力を合わせれば叩いて引っ込めることができます。金槌やハンマーで打てる高さの杭は打てますが、自分の身長より高いと杭は打ちにくいというか打てません。やるのだったら、かなりの強さを身につけ、その強さを皆が成長する速度より早く伸ばしていくことをすれば、杭が打てない高さになったのと同じように、押さえつけることができなくなります。

大切なポイントは、成長力を維持、そして加速していくことです。

日本では、手の届かない大きな存在になると、押さえつけようという感情から、この人は(この組織は)特別だから、別格だからいいんだ。と存在を認め始め、更に存在が巨大になっていくとちょっと大袈裟かもしれませんが、神みたいな存在として尊敬されていく様な流れがあると思います。

やるのであれば、出過ぎて打てないようなものになり、さらに成長を続けて、尊敬されるまで、走り続ける意気込みと気迫と行動力が大切です。それを支えるのが、チームを構成しているメンバーのモチベーションと団結力とチームを率いるリーダーの強さであり、このような行動をしているチームはとても勢いがあり。みんな生き生きしているのが特徴です。

並みにやるなら、もっと加速するまで物事に取り組んでみたらどうでしょうか。

 
≪次のブログも参考にお楽しみください≫
 
150km/hで走るダンプカーのように

栄光を掴み取る組織と人間作り-人を生かす組織、強く活力のある組織-

動かない組織を変革することは難しくはない

目標をどこに置くのがいいのか
 
戦いに行く覚悟 -相打ちの心構え-
 
不遜な男になれますか -戦う男の姿-
 
斜に構えている人間は使える?
 
心を大きくする方法-いっぱいいっぱいになってしまう心の改善方法-
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です