カウンタースナイパー(インディアンの性能を持った隊員の育成)

カウンタースナイパー(インディアンの性能を持った隊員の育成)

※本記事のアイキャッチ画像は、永田市郎様から頂いた画像を使用致しました。

 

 

インディアンの性能

 

インディアン(ネイティブ・アメリカン)の狩りの技術は、自然へ溶け込む「気配を消して獲物に近づく技術」、気配や違和感から獲物の兆候を感じ取り、匂いや足跡、地形の状態から「獲物を見つける技術」、足跡や痕跡を見つけながら獲物を追いかける「獲物を追跡する技術」、気配を消して獲物に近づき仕留める「獲物を倒す技術」があります。

 

 

スナイパーの恐怖

 

狩りの技術は、戦闘に必要な要素が多く、生き残って任務を達成する力を得ることができると考えました。もう一つ、実戦において必ず存在し対処しにくい、物陰に潜んで情報を収集したり、狙撃をするスナイパーを先に発見し、仕留める力を持つ隊員の育成を進める必要があります。

スナイパーは、移動型地雷原ともいえます。スナイパーの存在する場所に入ると狙撃されます。スナイパーが存在する限り、狙撃地域に侵入したものが必ず倒されるので、地雷原と同じ脅威となります。更に、意思を持って自由に動き回り、先回りをしながら狙撃ポイントを設定するので、見えない地雷原が自分達の前に自由自在に構成される怖さがあります。

 

 

インディアンの狩りの技術

 

インディアンの狩りの技術(スカウト)は、潜伏している獲物であるスナイパーの存在を感じ取り、気配を消してスナイパーに接近し、倒すことができる戦闘技術です。

Doiが育てた7人に、訓練を続けていくうちに新たにスカウトとしてのセンスが花開いた7人と新隊員から選別したメンバーや異動者から選考したメンバー7名がスカウト訓練要員となっています。

スカウトの練成訓練は、「気配を消して獲物に近づく技術(ストーキング)」、「獲物を見つける技術」、「獲物を追跡する技術(トラッキング)」、「獲物を倒す技術」の各技術のレベルが合格ラインに達成するまで、鳥や虫の鳴き声や動き、毎日の足跡や木々の変化に関する基礎的なデータ取りから、徹底的に自然の中での基礎トレーニングを行います。

合格ラインに達すると、各種行動がまんべんなくできるようになるので、一人前となります。

一人前になると、個人個人の特長が出てきます。各種合格ラインに達している技術の中で、ストーキングが格段に上手いタイプや匂いから動物を見つける技術にたけているタイプというように、タイプ別に得意とする分野を身に付けていきます。

 

 

スナイパー狩り

 

各種合格ラインに達成したメンバーは、数えるほどですが、スナイパーを回避しながら部隊を誘導することが可能になりました。

残りのメンバーも基礎トレーニングが終了しているので、危険を察知して部隊へ連絡する程度までは部隊に貢献できるようになってきました。

合格ラインのメンバーの特長を組み合わせて戦闘チームを作ることにより、運用単位はまだ少ないですが、潜伏しているスナイパーを見つけ出して狩り出せます。

 

 

部隊の安全確保と情報収集

 

合格ラインのメンバーを約30名作り上げると、各小隊に必ず1名以上はスカウト要員が配置できるので、前進する地域、宿営する地域の安全確保と危険察知が可能となります。必要な情報も収集できるようになり、部隊の生存率が格段に上がると考えました。

訓練を続けていくうちに、隊員全員がしっかりとしたスカウト訓練を行えば、「敵に見つからないで、敵を発見して倒す」ことができるようになり、更に隊員の生存率も高くなると考えました。

各中隊からも、スカウト訓練を中隊でも進めたいという希望が強く、連隊全員がスカウトの基礎レベルの教育訓練を実施する動きに変化していきました。

FTCでの戦いでは、このインディアンから学んだ狩りの技術が効力を発揮します。

 

≪次のブログも参考にしてお楽しみください≫
 

任務を達成して生き残れる人の考え方と準備の仕方
気配を感じることはできるのか -水面にうつる月のごとく-
戦闘の参考になる映画「ハンテッド」
敵に見えない動きを追求する
カモフラージュ(スカウトのスト―キング)
森の中での歩き方
森の中での動き方

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

6 Comments

  1. 名無し

     先住民の追跡術は凄いですよね。彼らの凄い所は凄まじいまでの観察眼。追跡の知識そのものは一週間もあれば身に付きますが、観察力は難しいです。年単位で訓練を重ねなければ、痕跡、もっと言えば偽装に気付くことが出来ませんからね。

    1. futamiryu

      全くその通りです。スカウトについて深く経験をされている素晴しいコメントありがとうございます。
      このような人が存在することに、思わず嬉しくなりました。
      また、コメントをお願い致します。

  2. Pingback: 追尾斥候の原点「スカウト」-アニマルトラッキング- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  3. Pingback: インストラクターの戦闘技術と心構え | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  4. Pingback: 歩哨のレベルを見れば強さがわかる | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  5. Pingback: 戦いの中でやられないで生き残る人の行動から学ぶ | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です