組織を活性化するためには、意識改革と人事異動のできる態勢作りから

組織を活性化するためには、意識改革と人事異動のできる態勢作りから

 

 

異動者の戦力化サイクルを短くする

 

 市況の変化、ライバルの急成長、人材育成の推進のため、人事異動を行わない形で組織を運営してきた組織が、人事異動を進めるには、意識の改革や受け入れ態勢を整えることが重要となります。人事異動が不活発だと、一人前になる戦力化までゆっくり時間をかけている状態が定着しているので、戦力化のサイクルを早めるための異動後の早期戦力化施策(研修、OJTなど)が重要となります。

 人事異動と人材育成との連携を推進させるには、新規採用職員は入社後10年間で2~3の部門や支店を経験することを明確にした内規を作成し制度と連動させることが必要となります。

 また、異動のない状態が継続し固定運用が定着しているため、申送り簿(日々の業務を比較的詳しく記述した業務日誌の活用)が整っていない可能性が高いので早急に準備することが重要となります。

 

 

自分が楽をするのか、人材育成を重視するか

 

 異動のない組織では、上司は変化を望まず、自分が楽をしようとする傾向が強くなります。

「彼を異動させたら、今の業務が成り立たない」は、自分の業務のやりやすさのために、これから成長していく社員の成長を犠牲にしてしまうことに問題認識を持たない、次に来る人材の育成を真剣に行う意思のないタイプです。

 個人の成長の総和が組織の成長とすると、個人の成長(人材育成)の優先順位はかなり高くなります。

 異動による組織の活性化と社員の成長のため、自らも踏ん張り、異動を成長の機会と捉えて残った社員を成長させることが管理職の重要な役割であり、そのために管理職手当があるのだと思います。
 
 

 

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
苦しくなると周りに部下がいなくなる指揮官、集まってくる指揮官の違い
 
成長する部下、伸びる部下、将来楽しみな部下は全体を掴むセンスがある
 
成長する部下、伸びる部下、将来楽しみな部下は全体を掴むセンスがある
 
「やってみて、言って聞かせて‥」に続く山本五十六連合艦隊司令長官の人を育てる名言
 

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-
天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です