現状維持をしようとする意識・雰囲気を破壊する方法

現状維持をしようとする意識・雰囲気を破壊する方法

 

 

何かを得るには、何かを受け入れなければならない

 

  人は何かを受け入れた結果、何かを得るものであり、その量と質は見合っていると考えられます。例えば、売り上げが伸びたのは、売り上げが伸びるほどの活動をしたからであり、その活動を受け入れた結果であるといえます。
  改革・改善の効果を出すために、社員の人達は新たに受け入れなければならないものがあります。それは改革・改善が目指している行動を自ら、そして、組織として行うことです。
  動けば、動いた量と質に見合う成果を得ることができますが、動かなければ何も変わりません。

 

 

現状維持によって能力向上を阻害されている感覚がない

 

人は、「過去の体験から得た習慣や価値を守りたい」、「新しいものは受け入れたくない」という現状維持の引力によって、新たなものを受け入れる幅が圧縮され、結果も圧縮されていることをなかなか理解できません。
  長く同じ所にいればいる程、同じ環境が続けば続く程、現状維持の引力が強まり、元に戻すレバーも錆びついて操作できない状態になっています。

 

 

現状維持の引力を破壊する方法

 

現状維持の引力が強くなると自分で変えていくことが難しくなります。そのため、過去には戻らないという強い意志を持って、進めようとしている改革・改善の方向へ舵を切り、不可逆の体制を作ります。  

 次に、望ましくない行動を取り除き、新しい望ましい行動の習慣を根付かせるために、上司が変わっていく必要があります。
 
変わろうとしない上司、変われない上司は、引き続き、将来の変化への対応もできず、2~3世代古い望ましくない行動をとり、害をまき散らし、悪影響を与える人物となります。
管理職ではなく他で力を発揮する道を薦める必要があるといえます。本人も肩から力が抜け楽になると思います。
  

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
成長の遅いタイプ、なかなか芽の出ないタイプは、組織を変える原動力となる
 
あなたは、いらない人間になっていませんか?(不必要善とは)
 
仕事が早く切れ味のいい若手社員は改革を進める原動力となる
 
仕事における交渉と調整を上手く進める方法
 
成長する部下や若手の共通点-仕事術ではなく正しい座標軸の必要性-
 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 
 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です