自信を持つと人間は2倍強くなる -更に努力し本物の強さを目指す-

自信を持つと人間は2倍強くなる -更に努力し本物の強さを目指す-

 

 

ムエタイ400年の歴史を砕いた男

 

黒崎健時(※)が立ち上げたメジロジムに所属している「藤原敏男」は黒崎が育てた戦う心とムエタイの技術の最高傑作といっていいほどの素晴らしい選手です。ムエタイのチャンピオンベルトを日本に持ってくることを悲願として、黒崎と藤原は二人三脚で努力しチャレンジを続けます。

ボクシングがWBAやWBCのチャンピオンがいるのと同じように、当時は3つのムエタイのタイトルがありました。

軍隊中心のラジナムナムのチャンピオンは絶対にタイが負けてはならないタイトルです。

このタイトルが守られることイコール、タイ400年の歴史が守られることでした。

実力的には、藤原はチャンピオンクラスの力があるのですが、タイでタイトルマッチをして判定になるとホームタウンデシジョンにより、藤原が優勢であっても大差で負けになり、KO以外、門外不出のベルトは取れないと判断して更なる強さを二人は追求していきます。

 

伝説の男 黒崎健時を参照するとこの人の凄さがわかります

 

 

日本に来る刺客を倒し続ける

 

遂に、ムエタイ400年の歴史が終わる瞬間が来ました。藤原とタイトルマッチをする時は、絶対負けない鬼神の強さをほこる選手がいない限りタイ側はやりません。

やっとライト級最高の強さを誇るチャンピオンとのタイトルマッチが実現しました。

そして、一瞬の必殺技でピクリともせずに倒れたまま、口から一線の血がツーと流れているチャンピオンがいました。

ムエタイ400年の歴史が終わる瞬間です。

藤原は、右のストレートをヒットさせた勢いで、右肘を顎にぶち込み、そのままルールギリギリの投げをかけ、マットに倒れながらもう一回全体重を乗せた肘打ちを入れて、そのままマットに肘を当てたまま相手を倒す作戦を敢行しました。

合計4回の強烈な避けられない必殺技をかけたのです。

 

その後、チャンピオンベルト奪還のためのタイトルマッチや試合をするため、タイから刺客が次々送られてきます。

刺客がすべて倒されていくうちに、藤原のムエタイ選手としての人気がタイ国でも盛り上がるようになっていきます。

 

 

目の上に卵大の腫れ

 

あまり、名のないタイ選手と藤原の試合を当時の後楽園へ見に行きました。

ゾクッということをなんなく彼はやります。足を柔らかく上げて手のように足の指を使って藤原へサミングをしていました。

手の指で行う目つぶしを足の指でやっていたわけです。

これに苦戦しているうちに、何回か肘が右目の上に入り、人間の顔がこんなに腫れるのかというような、卵半分以上に腫れてしまい藤原はTKO負けになりました。

驚愕の足を使ったサミング(反則技です)でした。

 

 

リングサイドでうなりを聞く

 

サミングの選手が、次の機会に日本選手と試合をするのをリングサイド近くで見た時、再度驚愕しました。

藤原に勝った自信なのか明らかに強さは2倍になっているのを感じます。物凄い強さのオーラが出ています。藤原との試合の時に見せていた雰囲気とはまるで違います。

そして、始めて聞きました。ローキックがバットを振った時のように唸りました。自信は若者の力を2倍にすることを知りました。

 

しかし、彼の強さは長く続きませんでした。心の持ち方が不安定で、驕りが出たり、コントロールができなかったからです。

人生への姿勢と心の持ち方について考えさせられました。

 
≪次のブログも参考にお楽しみ下さい≫
 
空手バカ一代大山倍達に学ぶ
 
新極真会代表緑健児氏から学ぶ「上を目指す価値とは何か?その素晴らしさは」
 
新極真会世界チャンピオン塚越師範から学
 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 戦いに行く覚悟 -相打ちの心構え- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 強い戦闘部隊と相打ちの心構え-何に命をかけれるか- | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です