150km/hで走るダンプカーのように

150km/hで走るダンプカーのように

 

 

150キロのダンプカーで暴走すると

 

ダンプカーも低速で走っていれば、こちらに向かってきてもよけることができたり、柵や障害物により停止させることができると思います。毎日同じようなことの繰り返しで、チャレンジをしない状態は、低速で走るダンプカーというか、低速で走る軽自動車のようなものです。

できたらいいなとか、上手くやりたいなという気持ちではなく、「やる」、「できる」という強い意思を持ち、考えられる準備をして、仲間を作り、お互いに個々の能力を高めてチームワークを発揮して、「やる」と決めたことに向かって突進する状態は150キロで走るダンプカーと同じ凄い勢いと力強さが出ます。

猛スピードで走っていると周りの人は「ちょっとスピード出し過ぎで危ないぞ」、「少し休んだ方がいいんじゃないか」、「やり過ぎだ」という批判や速度を落とそうとする言葉や邪魔が入り、意思がグラついたり、ここまでやればいいかなと思い、失速することが多々あります。

150キロの速度を維持していく、持続力と衝撃力を持ち続けていないと、「まあ、最初は勢いがあっても先が見えたな」とか、「この程度で力を緩めてしまったな」と反対勢力や周りは感じ、「皆と同じ並みに戻るな」と安心します。並みに戻れば、「無駄な事をやったもんだ」と批判を受けることもあります。

 

 

何故減速してしまうのか

 

次に、何故減速するのか、してしまうのかについて説明します。

加速して物事を進めていくと、レベルが高くなればなるほど、次の目標の設定が難しくなるからです。甘い目標であれば、チームはダレてきてしまいますし、必要性や現実味のない目標ではやる気が出ず、ピタリとしたやりたいという目標を見つけることが極めて重要なものになります。この目標設定ができれば、ダンプカーは150キロで走り続けます。

150キロで走るダンプカーを止める時は命がけになります。誰も止められない突進力とパワーがあるからです。問題は、速度を如何に維持するかになります。

目標をどのように設定するかは、現場を見て、自分たちの能力を評価し、相手と競争・戦いのフィールドの特性を分析して、具体的な目標を、手をあと少し伸ばせば届くより遠くにレベルを設定してみることや、実践(実戦)をより具体的にイメージしてできないところを全てなくすという考え方で設定することが重要です。この視点を持つと、実はできないことや、やらなければならな いことが、かなりあるのがわかり、目標の設定のヒントだらけなのがわかります。

更に重要なことは、「やれたらいいな」ではなく、「やる。やらなくてはならない」、という「強い意志」です。

 
≪次のブログも参考にお楽しみください≫
 
栄光を掴み取る組織と人間作り-人を生かす組織、強く活力のある組織-
 
出る杭は打たれるが、出過ぎた杭はどうなる
 
動かない組織を変革することは難しくはない
 
目標をどこに置くのがいいのか
 
戦闘はBadコンディションが常態、Goodコンディションはない
 

 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 出る杭は打たれるが、出過ぎた杭はどうなる | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 目標をどこに置くのがいいのか | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です