人を見る視点-自分を正しく認識できているか-

人を見る視点-自分を正しく認識できているか-

 

 

自分を正しく認識できているかどうか

 

 幹部やリーダーは、「素直さ」、「物事を客観的に見る」、「自分自身を実力よりも高く評価しない」視点と姿勢が重要となります。フィルターをかけずに、自分自身、他人の能力を公正に評価する場面や判断が絶えず求められるからです。そして、自分を正しく評価できる人は、部下や組織を正しく導くことのできる人物でもあります。

 このような人物は、感情をむき出しにしたり、愚痴めいたことをこぼしたりすることなく、自分の本心が、仕事に及ぼす影響を理解しながら、素直に表現できているかを確認しながら、会話をすることができます。

 例えば、「感情に流されてしまい後悔した経験はありますか」という問いに対して、素直に失敗の経験を口にしたり、笑顔で失敗談を話せるかどうかを見ます。
 自分を正しく認識している人は、自分の限界や長所を理解しているので、気軽に話すことができ、アドバイスや意見を受け入れ、プラスの方向へ発展させる素地があります。

 

 

受け入れる容量

 

 反対に、自己認識が劣っている人は、後悔した経験に対して改善を求められたり、意見を言われると、それを叱責と勘違いして受け止めたり、マイナス点を付けられたと勝手に思い込みやすい特性があります。顔に正直に出てしまいます。
 
 「素直な心」を軟弱さと取り違え正当に評価をしなかったり、幹部やリーダーとして多くのことを受け入れる懐の深さと穏やかな心の維持が十分にできなかったり、タフさに欠けると、正しく物事を捉えることができず、公正、正確に欠けた物事の捉え方をしてしまいます。

 次世代を担う幹部・リーダーの候補者を探す時、「自分を正しく認識できているかどうか」、このポイントの確認が重要となります。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
こんな部下を持ったら上司は幸せ-こんな部下を育成するのも上司-
 
組織の活力を上げる方法はチャレンジしている部下を褒めること
 
成長する部下、伸びる部下、将来楽しみな部下は全体を掴むセンスがある
 
上司から見た伸びる部下のタイプ -将来成長する若手社員-
 

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 
成長の遅いタイプ、なかなか芽の出ないタイプは、組織を変える原動力となる
 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

関連記事紹介

1 Comments

  1. Pingback: モチベーションを上げるフィードバック | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です