Kindle本『地震発生!40連隊玄界島へ出動』40連隊シリーズ発刊

Kindle本『地震発生!40連隊玄界島へ出動』40連隊シリーズ発刊

 

 

『地震発生!40連隊玄界島へ出動』

 

 40連隊シリーズのKindle本「災害派遣編」発刊されました。
 島全体が大きな被害を受け、島民全員が避難することになった「玄界島」への災害派遣について、部隊長の視点で記述したものです。

 あれは、穏やかな春の日差しを感じる休日に、突如として襲ってきたのです。それは、身体をなんとか保つのが精いっぱいの激しい揺れでした。揺れが収まりすぐ思ったのは、どこかで大きな被害が発生しているのは間違いないということでした。
 2005年3月20日10時53分、日曜日の午前中に発生したこの地震は、「福岡県西方沖地震」と命名されました。
 地震発生後、40連隊に対して非常呼集をかけ、準備でき次第、災害派遣用機材を天井近くまで積み上げたチヌークに乗り込み現地へ向かいました。被害の大きい玄界島へ向かい飛行していると、海上に真ん中が凹んだ形で傾斜のある島が近づいてきました。今でも頭に残っている玄界島の光景です。

 ニュースでは、島全体が大きな被害を受けた玄界島の状況が大々的に伝えられ、一挙に全国ネットのニュースでクローズアップされました。
 「島全体が崩れた」など表現され、多くのメディアが玄界島に来島し、当時の内閣総理大臣の小泉首相の現地視察を受ける等、大変注目される災害派遣となりました。

 そして、この災害派遣は、時期的に従来の災害派遣の形から、現在の災害派遣の形へ変化する境目に行われたものでもありました。

 本書は、福岡県西方沖地震の第40普通科連隊の災害派遣活動を災害発生から撤収までの間を当時の画像を含め、リアリティーある形で記述したものです。

 

 

 

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です