オオクワガタトラッキング採集編2 -山梨県甲府地域(その2)-

オオクワガタトラッキング採集編2 -山梨県甲府地域(その2)-

 

 

オオクワガタの特性を知る

 

先に入った採集者の足跡を追いながら、ポイントを探していくうちに、小さな沢を登ったり下りたりが続き、朽木が急傾斜の高い所にあったりして徐々に体力を消耗していきます。また、いい朽木も無く精神的な疲れも少しずつ積み上がります。

体力回復のために休んでいる時も、頭の中では、この沢を超えると南の緩斜面が出てくるのでオオクワガタがいるかを確認して、次の比較的浅い沢を登った日当たりのいいところは確率が高そうだなと、気持ちだけがドンドン先行して進んでいって探索をしています。

山梨県では、オオクワガタが里山近くに生息しているには訳があります。

炭を焼くために成長の早い「台場クヌギ」を人間が植えて、手頃な太さに成長すると太い幹を残して台場クヌギの枝を切ります。

すると太い幹から枝が出てきて、また成長したら炭を作るために切るという、伐採を繰り返します。
長い年月が経つと太い幹が二抱え程になり高さも3メートルになる独特の形になります。
この状態の台場クヌギは樹液が多く出て、洞が発達しているため、オオクワガタの格好の住処になります。

山梨県では、炭焼きと台場クヌギという関係があり、人とうまく距離をとりながら里山にオオクワガタが生息しています。

 

 

オオクワガタのメスになり考える

 

オオクワガタをはじめとするクワガタやカブトムシは、羽が生えていて飛びますが、あまり上手に飛ぶことができません。

堅い羽根を覆う部分を横に広げて重そうに羽音を立てて飛び狭いところを器用に飛ぶのは無理です。

木がうっそうと茂った中にある大きなクヌギの木であれば、他の木の枝や草が届かない上の方は飛んで接近できますが、うっそうと茂った中を飛ぶことはできないので、まずいません。

特に、オオクワガタは木にできた洞(ウロともいう)の中に潜って生活するのが主体の平べったい形をしていて、飛ぶのが得意ではありません。

メスが産卵のために木を選ぶ時、藪の中ではなく、開けたところの大木や道沿いの林縁、崖の近くに目立って立っているクヌギの木を狙うのは明らかです。

 

 

暖かい日だまりにたたずむ木

 

先に入った採集者は、今までの経路にいい朽木がなく、斜面の上り下りの連続で苛立ち、疲れてきて行動が雑になっていることが、足跡と確認しなければならない朽木の見落としからわかります。

急斜面を沢からなんとか登りきったところに、開けた草地の広場と沢の境界で暖かい太陽の光を十分に受けてたたずむ、カワラ茸(他に関東では3種類程度オオクワガタが好むキノコがあります)ではない種類のキノコにより白枯れした朽木がポツンと立っていました。

採集者は点検をした足跡がありますが、オオクワガタの幼虫がいる徴候である重要な産卵痕を見落としていました。確認する視点が悪かったようです。

朽木は、白枯れが進んでいて発泡スチロールのように軽く、スカッスカッと削れます。これはいるなと思っていると3回目の斧を入れた時、太い食痕が縦横無尽に現れました。コクワガタや他のクワガタの食痕とは比べ物にならない大きく太い食痕で、朽木の絶妙な朽ち具合からこれはもうオオクワガタに間違いありません。

少し古い食痕だなと思いながら、下の方へ続いている食痕を目指して削っていくとボコッと木が削れました。

 

 

蛹室現る

 

朽木を注意して取り除くと、1センチの円の奥に卵大の丸い空間があるのが見えました。

もしかしたら、蛹室(ようしつ)が出てきたのではと見てみると中にオオクワガタのメスの成虫がいました。蛹室は、幼虫から蛹になり、羽化をする時羽を出してたためるような広さで、表面をツルツルに仕上げたものです。

違う食痕があと数本下に伸びていて、削ると全て蛹室が出てきて成虫を採ることができました。

初めて成虫を朽木割採集でゲットした瞬間でした。残りは、次の週に家族で観光を兼ねてまだ小学校低学年の子供達に見せるために取っておくことにしました。

勿論、足跡や痕跡は全て消してわからないようにしたのはいうまでもありません。

翌週、野生のオオクワガタを捕まえることができ子供達は大はしゃぎでした。

 

 
 

【kindle本が発刊されました】

 

 

天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-
天然オオクワガタを求めて-山梨県韮崎一帯オオクワガタ採集記-

 

かつてのオオクワガタ有名産地、山梨県韮崎一帯で天然のオオクワガタを求めた採集記が完成しました。本書は、「1年を通じた採集記」、「採集幼虫のその後」、そして、「20年前同じ場所で体験した採集記録(加筆)」の3部で構成されています。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介