40連隊シリーズ第3弾「戦闘重心を破壊せよ」-40連隊の新戦法-Part.2

40連隊シリーズ第3弾「戦闘重心を破壊せよ」-40連隊の新戦法-Part.2

 

 

戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.2

 

 『PART.2』は、50%以上が戦闘場面を記述する内容になりました。

 訓練による検証と修正(トライ&エラー)を繰り返しながら、鋭い切れ味と刃を走らせる速度を上げることによって、敵に対応のいとまを与えずに破壊していく戦法を磨き上げてきたからです。

 『戦法』の破壊力は、「理論と実践で練り上げた戦法」と「戦法を自由に使いこなす高い戦闘技術とチームワークを持った部隊」がそろった時、爆発的な威力を発揮します。部隊の練成が進み、戦法が組み立てられ、コンピュータ・シミュレーション、図上対抗演習、実動訓練での検証を何度も行い積み上げてきたからです。
 さらに、同時並行的に隊員の強固な意志とチームワーク、部隊のレベルを上げる訓練を行いました。

 完成した40連隊の新戦法は、敵が組織的な戦闘力の発揮ができないように、麻痺、機能停止させるため、部隊の頭脳、神経、血管に当たる『戦闘重心』の破壊をしてしまいます。そして、混乱し、各個にバラバラになった敵を徹底的に叩き潰すことを重視して作り上げたものです。

 その新戦法の名称は、『ターゲティング』と『LRRP』です。それぞれ単独でも威力を発揮しますが、組み合わせることによって、シナジー効果が生まれ、破壊力と恐怖が倍増し、爆発的な威力を発揮します。

 

 

 

戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.2
戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.2

 

  

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
『戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1』発刊です
 
苦しくなると周りに部下がいなくなる指揮官、集まってくる指揮官の違い
 
硫黄島の日本の守備隊へ手を振り菓子を投下する奇妙な米軍機の行動と情報戦
 
戦闘のリアリティーを伝える『生きている兵隊』石川達三著
 
新しい戦法を作る時の陸士の反論
 

 

 

 

戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1
戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です