「標準化」-進化するポイント-

「標準化」-進化するポイント-

 

 

「標準」があるのかどうか

 

 「標準」には、仕事の進め方(チャレンジ型、現状維持型)、所要時間、個人かチームで行うのか、使用する資器材など様々なものがあります。「標準」があることによって、現在の状況が正常であるか、何かおかしいことがないか判断できます。
 「標準」通りにできているのならば、現時点で問題がない状態であり、「標準」から外れているのであれば、「標準」を守れるように対策を行う必要があります。
 他の企業や部門の考え方や行動と比較し、現在の「標準」が適しているかどうかチェックすることが必要です。
 
 

 

「標準」通りにできているかどうか

 

 各部門が、「標準」通りにできているかどうかは、「標準」が現場の隅々まで理
解・納得されていることが必要となります。部門長のリーダーシップが重要にな
ります。さらに、「標準」の検討段階から関係者が関わると、現場への落とし込みの段階がスムーズになり、現場での徹底を図る時間が短縮できます。
 「標準」が守られていないと時は、守るための対策を迅速・確実に行うことが重要となります。この場合、問題解決のスキルと職場での縦横のコミュニケーションが役に立ちます。

 

 

「標準」を進化させているかどうか

 

目指すべき形は、「標準」が常に進化している状態です。目指すべき姿まで実現できた段階においても、一つ上のレベルの「標準」を目指すことによって、業務を進化させることができます。
 他企業の「標準」の評価と比較によって、見直しのポイントが見えてきます。また、現場には多くのヒントや気づきがあるため、現場に足を運び直接確認することが重要になります。さらに、他企業の進んでいる「標準」から新たなことを学び取ることが有効となります。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
コミュニケーション能力を高める-会話には二つのパターンがある
 
トップダウンでいくかボトルアップでいくかを決める基準
 
現状の訓練に満足していない隊員を如何に強くしていくか
 
ミリタリー映画にみるアメリカ軍の技術の変遷 -君たちは今どのレベルかい?-
 

 

 

 

 

 

二見龍レポート#5 見えない戦士の作り方ー実戦的スカウト訓練ー
二見龍レポート#5 見えない戦士の作り方ー実戦的スカウト訓練ー

 

 

 

 

 

 

戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1
戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1

 

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

 

二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす
二見龍レポート#4 二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす

 

 

 

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です