モチベーションを上げるフィードバック

モチベーションを上げるフィードバック

 

 

正しいフィードバック

 

正しいフィードバックはモチベーションを高めますが、誤ったフィードバックはモチベーションを剥ぎ取ります。『これまで思考』、『これから思考』どちらを強く持つかによって変わります。

 

 

『これまで思考』

 

『これまで思考』とは、「どこまでやり遂げたのか」に視点を向ける思考のスタイルです。マラソン選手ならば、これまで進んだ距離です。

『これから思考』とは、「あとどれだけやらなければならないか」に視点を向ける思考のスタイルです。目標までの距離に目を向けることです。人は、この2つの思考を行ったり来たりを繰り返しますが、『これまで思考』が強くなるとモチベーションが下がる危険性があります。
 
 『これまで思考』の強い人は、目標に対して自分はこれだけ進歩したのだという達成感を得ることができますが、一方で早い段階で達成感を持つために、早く気が緩んでしまうこと、つい他の目標に目がいってしまうことが、心理学の研究結果から明らかになっています。
  そのため、これまで思考が強くなると、「やりかけの目標ばかりがたくさんあって、どれひとつ達成されたものがない」状況に陥ります。

「これをやっています。あれもやっています」と報告をしますが、何一つやり切っておらず、成果が出ていない状態になります。
 
 さらに、自分は今までこのようなことをやってきたということを誇り、それを認めてもらいたいという志向の強い人がいます。このような人は、能力向上のための努力が疎かになり、成長が止まりやすい人物です。

 

 

『これから思考』

 

『これから思考』を重視すると「これからやるべきこと」を意識することでモチベーションを高めることができます。
 
 やり残していること、これからやるべきことが明確となり、先が見えるようになるからです。
 この思考の強い人物は、目標を達成する確率が高く、将来の話ができるので、躍動感と発想があり話の面白い人物です。

 

 

話の面白い人

 

 話が面白くない人物は、これまでの話ばかりで、これからどうすればいいのかについて、ノーアイデアの人物です。

 会話がすぐしぼんでしまい、展開がなく、環境と人のせいにします。早くに成長が止まっています。

 『これから思考』をしている人物は、日々成長しており、発想に必要な現在、将来を評価するための視野・視点を磨いています。
 そのため、問題認識を持ち改善しようとする道を見つけることができます。将来の進展性の高い人物です。

 『これから思考』ができる人物は、若くてもベテランでも、成長を続けていく人物です。一方、『これまで思考』の強い人物は、たとえ年齢が若くとも、老人と同じで成長は期待できません。

 
 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
人を見る視点-自分を正しく認識できているか-
 
自分の話を聞いて理解してもらうには、聞く人の視点に合わせた話をする
 
マイナスの思考や感情にならず前向きになる視点と思考
 
ストレスを上手く受け入れ、人間を強くし成長させる方法
 
面接で選ばれるタイプと選ばれないタイプ -人物を評価する視点-
 

 

 

 

 

新隊員諸官!! 君に伝えたいことがある
新隊員諸官!! 君に伝えたいことがある

 

 

 

 

 

二見龍レポート#5 見えない戦士の作り方ー実戦的スカウト訓練ー
二見龍レポート#5 見えない戦士の作り方ー実戦的スカウト訓練ー

 

 

 

 

 

 

戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1
戦闘重心を破壊せよ-40連隊の新戦法-Part.1

 

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

 

二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす
二見龍レポート#4 二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす

 

 

 

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です