調子が悪い時は成長している時

調子が悪い時は成長している時

 

 

調子が悪い時、実は・・・

 

普通、自分が感じているものと現実の自分の状態とは一致するものですが、人の成長の度合いとその人の感じている成長の状態とは、往々にしてズレがあり、一致しないものです。

この事を知らないと伸びる時に伸びきれず、チャンスを逃がしてしまったり、上手くいかないことが続いて落ち込んでしまい、スランプという谷間に自ら足を滑らして落ち込み低迷してしまう可能性が高くなります。

どのようなズレがあるのでしょうか。

調子が良くて、「自分は成長しているな」と実感している時は、成果に満足していて努力の程度が少なく実態は、「成長が止まっている」状態になっています。

反対に、何をやっても上手くいかなかったり、怒られたり、失敗したりしている時は、気が滅入ってしまい、自分は成長どころか現状維持もできていないのではないかと感じます。

しかし、実態は傍から見ていても、本人も「グングン成長している」状態になっています。

できないことにチャレンジして、失敗することにより、多くの事を学ぶとともに、失敗したものを立て直すために多くの人と接し、改善の方法を学び実際に経験を積んでいからです。

このような行動を毎日やり続けてたり、どうすれば上手くいくかを考え、自分の限界に近いところで頑張るため、成長著しい状態になっています。

このようなズレを知識として持っていれば、頑張り続けれますし、部下の指導も的確にアドバイスをして成長させること可能です。

 
≪次のブログも参考にお楽しみください≫
 
心を大きくする方法-いっぱいいっぱいになってしまう心の改善方法-
 
人は自分のことを50%増しで見てしまい仕事を辞めたくなる
 
立ち位置と信頼度を読み解く言葉
 
頭が真っ白になってしまった時の回復方法
 
間違いやすい「光」と「影」の関係
 

 

 

【kindle本が出ました】

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
です。

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ若い隊員が成長していく姿には、若い人達や人材育成に関する多くのヒントがあると思います。

人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。

読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

 

関連記事紹介

2 Comments

  1. Pingback: 10回チャレンジして1回の成功をとるか、100回チャレンジして10回の成功をとるか | 戦闘組織に学ぶ人材育成

  2. Pingback: 2014年6月人気記事ランキング | 戦闘組織に学ぶ人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です