改革を進めている時に問題点・歪みが新たに出てきた改革は順調に進んでいる

改革を進めている時に問題点・歪みが新たに出てきた改革は順調に進んでいる

 

 

改革は個人の行動がかわり組織が動くまで全力で走る

 

 改革は、組織を変更し、人員の入れ替え、業務実施要領の見直しをすることによって、山場を越え成功したと思いがちです。しかし、まだ入れ物ができただけで中身ができていない、入っていない状態です。
 人間は、「さあ今日から180度考え方と行動を変えて下さい」と言われても、今まで行ってきた行動を準備なしに違う方向へ進めることは難しいからです。
 
 改革でやろうとしていることが、その人その人、個々に腹落ちし溶け込み、理解してはじめて、意識が変わり行動が変わるからです。意識改革は、行動を変える準備であるとも捉えることができます。また、改革に対する各人ごと理解の程度に差があるため、各人の程度に合わせた対応が必要となります。

 改革が実戦の段階になり、新たな動き、行動を始める場合、今までのしがらみがなく、のびやかにスムーズにできることかが実感できます。
 一方で、今まで行ってきたことと、異なる動きや要領に変化するため、慣れていなかったり、全体最適が上手くできていなかったり、今まで見えなかった問題点が発生します。

 この時、全体のバランスをとるための修正や微調整を気を付けて進めていかなければなりません。また、新たな方向へ進む時に新たな問題が、能力面、規則面、経費面などで発生します。そのため、各部署のリーダーによるマネジメントが非常に重要となります。

 

 

元に戻す引力の無力化

 

 改革・改善を進めることによって、組織の問題が解決できたと思っても、また、新たに改革への抵抗、問題点、歪みが発生します。
 
 意識改革が行われ、改革が動き出す初期段階では、元に戻そうとする引力が発生します。この引力は、これでもかというほど、組織に対する挑戦ではないかと感じるほどの強さがあります。これは、改革に対して否定的な勢力と改革を進めることについていくことができなかったり、変化に戸惑っている人の動きが合わさるからです。
 
 この段階では、改革をさらに推進し、加速することが重要となります。元に戻そうとする勢力は、今までの状態へ引き戻そうとするため、立ち止まったり、速度が緩まれば、元の状態に引き戻しやすくなるからです。
 
 そのため、引き戻そうとしても届かないところまで進め、引き戻そうとしても手が届かないので引力としての力を小さくするか、無力化することが重要となります。

 

 

改革を進めても進めても出てくる歪を対処した先に

 

 改革・改善を進めていく段階で発生した、歪、問題点、不具合、ねじれた人間関係は、組織を目指す方向へ進めていくために解決しなければならないものであり、改善の絶好の機会となります。

 改革により顕在化した歪や問題点を改善せずに放置した場合、改革は停止しているか、減速している状態のため、歪から発生した元に戻す引力が次第に巨大化し、元の状態へ引き戻されてしまいます。
 そのため、改革によって発生した歪などの問題点は、確実に改善しなければなりません。

 改革によって発生した歪や問題点を一つ一つ改善していくことによって、改革で目指していることを具現化する実力と態勢づくりが完成していきます。

 

 

何度も発生する歪を改善するために必要なこと

 

 歪などの問題点を解決すると、表面にある層を1枚剥がすことができます。すると、新しい層には、また新たな歪と問題があることがわかります。しかし、その歪と問題点は今までよりも小さいものです。
 これを改善して、また一枚表層を剥がすと、同じように歪と問題点が出てきますが、さらに小さいものなので、改善を迅速に行うことができます。これを繰り返していくことによって、改革の目指す姿に組織が変わっていきます。

 改革を行うためには、リーダーの強い意志が必要と言われる所以ではないでしょうか。

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
改革・改善を進める時に出会う「出る杭は打たれる」と「出過ぎた杭になる必要性」
 
教育・訓練の改革に活用できるマーケティング理論を知っていますか?
 
専守防衛の日本に適している「民間防衛」を根付かせる北朝鮮の弾道弾ミサイル
 
初級陸曹と陸士の本気度は、急激な成長と強さを実現する- 師団武道大会での活躍 –
 

 

 

 

 

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い
40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 

 

 

二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る
二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方
自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方

 

 

 

 

 

二見龍レポート#8『身辺警護・警備のプロフェッショナル』プロテクションマンとの対談-
二見龍レポート#8『身辺警護・警備のプロフェッショナル』プロテクションマンとの対談-

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方
自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く勝つための戦い方

 

 

 

二見龍レポート#7 かざり-自分をデザインする元自衛官-
二見龍レポート#7 かざり-自分をデザインする元自衛官-

 

 

 

 

 

 

スカウト流 刃物犯罪対策術
スカウト流 刃物犯罪対策術

 

 

 

 

 

二見龍レポート#6 実戦と戦場-元米陸軍大尉飯柴智亮との対談- Part.2
二見龍レポート#6 実戦と戦場-元米陸軍大尉飯柴智亮との対談- Part.2

 

 

 

 

 

二見龍レポート#6 実戦と戦場-元米陸軍大尉飯柴智亮との対談- Part.1
二見龍レポート#6 実戦と戦場-元米陸軍大尉飯柴智亮との対談- Part.1

 

 

 

 

 

新隊員諸官!! 君に伝えたいことがある
新隊員諸官!! 君に伝えたいことがある

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です