人間万事塞翁(さいおう)が馬 -何がよくて何が悪いかはわからない-

人間万事塞翁(さいおう)が馬 -何がよくて何が悪いかはわからない-

 

 

瞬間風速的に一喜一憂する

 

今現在、やったことが上手くいって、褒められたり、成功してよかったことが、半年後、3年後、5年後になって、あの時上手くいってしまったので努力をしなくなってしまった、気持ちがおごってしまい油断して成長が十分できなかったことになると、瞬間風速的には良かったが、長い目で見るとよくなかったということになります。

反対に、上手くいかなかったことが、数年後考えてみると、あの失敗があって反省したからこそ今があるという場合もあります。

瞬間風速的な一喜一憂と時間が経過した時の良かったのか、悪かったのかという判断は異なることが多いものです。

 

 

目の前の成果を気にする

 

瞬間風速的に成功したのか、成果があったのかを気にし過ぎると行動が小さくなり、失敗しないように「守り」の姿勢になります。

チャレンジすることが少なくなり、どうしても前例主義的な業務要領に傾いていきます。この結果、伸びる時期に十分力を付けることができません。

目の前の結果や自分が周りからどのように思われているかを気にしながら生きていくよりも、結果にとらわれることなく、毎日を全力で走り抜いてチャレンジを続ける姿勢が重要となります。

数年後、あの時の努力やチャレンジがあったからこそ、今があることを知るからです。

 

 

失敗も成功も成長につなげる

 

失敗してしまったら、気の緩みなのか、戦闘技術が未熟だったのかという失敗の原因を分析したり、失敗により迷惑をかけたところに対する対応をしっかりしたり、次どうするかを考えながら、前に進むことが大切です。

成功した時は、上手くいっているので、改善や修正のチャンスとして、見直しをしたり、チェックをしたり、新たな学びをしたり、チャレンジをすることが大切です。

失敗も成功も自己の成長につなげようとする思考が必要です。目の前の状況に一喜一憂することはあまりたいしたことではなく、次へと進める意思と行動が遥かに重要です。

 

 

長い目で育てる

 

ガンハンドリングインストラクターが、来日した時、40連隊のガンハンドリング技術が向上してきたのを見て、「最初は銃を触る資格がないところから始まり、今ではJフックをこなせるメンバーもかなり増えてきましたね」と喜び、「今、ガンハンドリングや射撃が上手いのかどうかというのも大切ですが、動作の華やかさや目先の成果にとらわれず、射撃の基礎トレーニングをしっかり積み上げている隊員や努力していても上手くいかなかったり、失敗を続けている隊員を将来という目で見守り、信じて応援していくことが大切になります」と言いました。

続けて、「人間万事塞翁が馬ですよね、ガンハンドリングも人生も。何が良くて何が良くなかったのか、長い目で見るとわからないものです。大切なことは、努力をしている者が伸びていく環境を作り、成長させていくことです」と話してくれました。

「そうですね。よくないことは、ただひとつ、何もしないことですね」と言うと、ニコニコしながら、「その通りだと思います。素晴らしい小倉の隊員をいっぱい育てて下さい」と返ってきました。

小倉を離れる時、ガンハンドリングインストラクターは、「隊員が訓練しているところをよく見てあげて下さい。隊員への関心をいつも持っていることが大切です」と固い握手をして小倉を後にしました。

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
 人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
 読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界
オオクワガタ採集記: 朽木割り採集・灯下採集・樹液採集の世界

 

 

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。
 日本各地のオオクワガタの有名ポイントで多くの仲間と出会い、採集をした楽しい思い出やズッコケ採集記は私の宝物です。
 オオクワガタを通じ、色々な経験や学びがあり、人生が豊かになった感じがします。そんなオオクワガタ採集記をお楽しみ下さい。

 

 

 

オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~
オオクワガタ飼育記 ~マット飼育による美形・大型作出テクニック~

 

 

マット飼育は、菌糸ビンのように簡単に大型を作出するのは難しい飼育法ですが、綺麗な個体を得ることができ、安価で多量にオオクワガタを飼育できることが魅力です。
 本書により、マット飼育のコツを積み上げ、皆さんの目指すオオクワガタを作出して頂ければ幸いです。

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です