『40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い』5/23発刊

『40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い』5/23発刊

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 馬場中隊長は、CQB、スカウトに精通し、40連隊の戦法『ターゲティング』、『LRRP』を自在に操ることのできる『40連隊に戦闘技術の負けはない』を実践する人物です。

 彼は、狙った獲物を必ず仕留める男です。冷静で、青白い炎で敵を焼き尽くすタイプで、戦闘を行えば、手強く負けはありませんでした。
 
 そのような馬場中隊長率いる40連隊の増強普通科中隊とFTCとの戦闘は、両者総力を尽くした名勝負となりました。

–目次–

はじめに

1章 遂にやってきた無敗の敵との戦い
 富士トレーニングセンター(FTC)を打ち破る40連隊の戦法
 FTCコントロールセンター内の空気

2章 戦いは1年前から始まっていた
 他連隊を支援する形で40連隊の隊員を送り込む
 訓練統制も制限戦争の一部と捉える
 訓練開始初日の夕方に吹き飛ぶ
 ローライトコンディションCQBの威力
 ある戦闘員の手記-年間1800時間の訓練で我々は一体何をしていたのか

3章 緒戦における主導権の握り合い
 FTCの心理戦に揺さぶられる
 中隊直轄斥候を守る
 FTCのATM(対戦車ミサイル)分隊が1撃で吹き飛ぶ
 FTCの追尾斥候・潜伏斥候を仕留めろ

4章 日没までにやるべきこと
 情報がFTCに筒抜けの状態
 「ターゲティング」で一晩中砲弾を撃ち込め

5章 夜間の戦闘で引きずり回せ
 施設部隊の損耗が意味するもの
 敵戦車の車載機関銃が恐怖で吠えまくる

6章 ターゲティング炸裂
 敵の砲迫火力を黙らせろ
 FTCコントロールセンター内が凍りつく

7章 戦機を運ぶ女神が忙しく動き回る
 ほころびは弱いところから生ずる
 一発逆転を狙えるか
 「さぁーお返しだ」身体に染み込んだ行動

8章 強さを追求していく仲間達
 40連隊の仲間たち
 FTCのメンバー
 「前進」せよ

おわりに 

 『40連隊』シリーズは、実戦に威力を発揮するために40連隊が追求してきたことについて記述してきました。
 私は、各部隊が自衛隊最強の部隊になる可能性があると考えています。部隊・隊員の意識が変わり、行動が変われば、どの部隊も実戦に強い部隊が育成できると思うからです。
 
 『40連隊』シリーズのもう1つの側面は、現在の自衛隊に対する応援の気持ちを込めて書いたものです。本書が、最強の部隊追求に役立てて頂ければ幸甚です。

では、『40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い』をお楽しみください。

 

 

 

40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い
40連隊 vs FTC 無敗部隊との戦い

 

 

 

 

二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る
二見龍レポート#9 現代のサムライ荒谷卓 特殊部隊を語る

 

 

 

 

 

弾丸が変える現代の戦い方: 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在
弾丸が変える現代の戦い方: 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です