『僕にもできる刃物犯罪対処マニュアル』 元特殊部隊隊員が教える危機管理と護身術入門 刊行

『僕にもできる刃物犯罪対処マニュアル』 元特殊部隊隊員が教える危機管理と護身術入門 刊行

「二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編」でスカウトのナイフに対する考え方、「スカウト流 刃物犯罪対策術」で対ナイフ格闘(対応)の基本を説明してきました。

 それはスカウトの基本となる道具がナイフだからであり、敵を無力化するケースや作業(木を削ったり、穴を掘ったり)に幅広く応用が利く道具です。

 だからこそ、スカウトはナイフの細部まで意識します。

 そこにはバランスや材質、長さや重さ、色味などの様々なこだわりがあり、我々のイメージするナイフを作成するために出した要望に、刃物製作の職人から何度もイヤな顔をされたことを思い出します。

 しかし、我々も指先や手の延長上のように使う道具であるため、自身が考える最高のナイフ(身体の一部)を準備したいという思いに妥協する要素はなく、常に使用感を追及しています。

 そして、セミナーにおいては、受講生からその点について、様々な質問を受けることがあります。

 例えば、「どういうバランスのナイフが良いナイフなのか?」や「●●社のナイフについてはどう思うか?」など色々あり、その都度経験則や考えを述べさせてもらっています。

 本書は、そのこだわりについて、まとめたものです。

君にもできる刃物犯罪対処マニュアル: 元特殊部隊隊員が教える危機管理と護身術入門

関連記事紹介

    関連記事が見つかりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。