心の安定の核を作り、自分の行動範囲を広げる方法

心の安定の核を作り、自分の行動範囲を広げる方法

 

 

心の安定の核を自分の内に持つ

 

心の安定を人の言葉や評価、置かれた環境に左右されることなく、「何か人のためになろう」、「いいところを見つけ出そう」という一段高い物事の捉え方をすることによって、自分の心の中に安定の核ができ上がり、心が揺れなくなります。

人間関係を上手くすることによって、出来上がっていく「何か人のためになろう」、「いいところを見つけ出そう」姿勢が、習慣化していくと自然にコミュニケーションの質が変わっていきます。

心の中に核がないと、知識が高くても、経験をいくらしても、自分と違う考えを持つ人に対して、自分との違いを受け入れられなかったり、脅威に感じてしまいます。

心の中の安定の核は、他の人にどう見られているか、自分がどんな扱いを受けるか、周りの環境や自分の地位からも、他人から示されたシナリオから得られるものではありません。

心の中の安定の核は、自分自身の物事の捉え方、判断基準、価値観から作られていきます。これを毎日誠実に実践していくことによって、安定の核が形成され、成長していきます。

核がしっかりしていると、物事や相手を受け入れることができようになります。 

 

 

人と協力して自己の活動範囲を広げる

 

自分の考えが正しいのか、他の人の考えが正しいのかの白か黒かの二つの一つを選ぶのではなく、お互いのためになる新たなアイデアが見つかるはずであると、思えば心は安定します。

自分の考え方や意見を否定しなくても、もう少しいい案が見つかるかもしれないという感覚を持つことができれば、自分の考えから一歩出てみることに何もブレーキをかけるものがなくなり、相手を理解できるようになって心が安定します。

この考え方を日々生活で実践していると、自分の心の中にあった「人によく見てもらおうと自分を飾った姿」と「本来の自分」が区分されている状態から、「本来の自分」に統一されていきます。
本当の自分の姿を見せても恥ずかしくないように考え、自分を高めていくことによって、今まで「人によく見てもらおうと自分を飾った姿」を作るために無理していたり、守るために壁を作っていた努力をさらに、自分を高める方向へシフトさせることができます。

相手を理解して受け入れることができると、相手も自分を受け入れるようになり、人間関係や協力関係が進むことによって、自分一人の活動範囲から、新しい発想や他の人達と協力することによって大きく活動の幅が広げることができます。

自分の心の安定の核を作るためには、自己能力向上と受け入れる器を大きくし新たなものを作っていこうと日々実践していくことが必要となります。テクニックだけで乗り切ろうとしても、すぐに限界が来てしまいます。

 

 

 

 

 

【次のブログも参考にお楽しみ下さい】

 
40連隊の隊員によって原点に戻ることができた小倉の夜
 
成長する部下や若手の共通点-仕事術ではなく正しい座標軸の必要性-
 
どのような時に決心や決断を変更すればいいか、時期はいつか
 
入社後学ぶべきもの -成長の芽を作る-
 
人は自分のことを50%増しで見てしまい仕事を辞めたくなる
 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

 

 

 

 

 

 

自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成

 

 

 

 

 

 

警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)
警察・レスキュー・自衛隊の一番役に立つ防災マニュアル (DIA Collection)

 

 

 

 

 

 

【kindle本が出ました】

 

 

二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす
二見龍レポート#4 二見龍レポート#4 スカウト技術を現代戦に生かす

 

 

 

 

地震発生!40連隊玄界島へ出動
地震発生!40連隊玄界島へ出動

 

 

 

 

二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編
二見龍レポート#3 『スカウト』ナイフ格闘編

 

 

 

二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る
二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資規、弾道と弾丸を語る

 

 

 

 

二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談
二見龍レポート#1 ネイティブ・アメリカンの狩りの技術を伝える川口拓氏との対談

 

 

 

40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術
40連隊の見えない戦士達: 自然をまとう「スカウト」戦闘技術

 

 

本書は、実戦で強烈な威力を発揮する「スカウト」の戦闘技術に触れた瞬間、根底から意識が変わってしまった隊員たちが、戦場から生き残って帰還するために、寸暇を惜しんで戦闘技術の向上へのめりこんでいく姿を記録したものです。

そして願わくば、ミリタリー関係者だけでなく、日々、現実社会という厳しい戦いの場に生きるビジネスパーソンやこれから社会へ出て行く若い人たちに、読んでいただきたいと思っています。スカウトという生き残り術を身につけることは、必ず日々の生活に役立つと私は信じています。

 

 

 

40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準
40連隊に戦闘技術の負けはない: どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準

 

 

『40連隊に戦闘技術の負けはない―どうすれば強くなれるのか!永田市郎と求めた世界標準―』
に登場する隊員たちが訓練を通じ成長していく姿は、若い人達に限らず、人材育成全般にも多くのヒントがあると思います。
人生・仕事への姿勢について、ミリタリーの人に限らず、多くの人達に読んで頂ければと思います。
読み方は自由に、肩肘張らず、気楽に読んでいただき、志を持ったインストラクターと若い隊員たちの記録を堪能して頂ければ幸いです。

 

 

 

関連記事紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です